さがみはら南区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

今季、女子サッカチーム「ノジマステラ神奈川相模原」の主将に就任した 石田 みなみさん 南区新戸在住 27歳

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

一丸で挑む「夢の日本一」

 ○…今季からキャプテンマークを巻くノジマステラの背番号「3」は、在籍5年目での大役に「予感はしていたけれど、初めての経験。指名されたときは『マジか』って感じでした」と率直な感想を口にする。ポジションはサイドバック。タッチライン際を激しく上下動し、守備でも攻撃でも常に全力プレー。さらに熱い叱咤で仲間を鼓舞する姿が、見る者の胸を打つ。野田朱美監督が「この人しかいないと思った」と太鼓判を押すリーダーシップで、新体制のチームを引っ張る。

 ○…静岡県出身。学生時代、「サッカーしかやってないと思われるのが嫌だった」と文武両道を貫き、勉学にも励んできた。真面目な性格は今も変わらず、仕事でも発揮されている。勤務先のノジマ希望が丘店ではゲームコーナーを担当。「自分がいなかったら、少しは困るぐらいの存在になれたら」と、他店を参考に商品の見せ方を考えるなど工夫を凝らす。

 ○…家庭菜園が趣味の父の影響もあり、社会人になって徐々にハマったというガーデニング。今では、サッカー選手を引退したら植物に携わる仕事に就きたいと語るほど夢中だ。自宅で最も存在感がある観葉植物の「ウンベラータ」をはじめ、現在20種類以上を育てる。「チームメイトにもおすそわけしました」と自然に顔がほころぶ。

 ○…チームはこれまで築き上げた家族的な仲の良さ、試合で戦う姿勢といった特長を残し、夢の「日本一」のためさらなるレベルアップを図る。「監督が交代し、新加入選手も多い。新しいステラへの期待に応え、ひとりでも多くの方にスタジアムに来ていただけるようにしたい」。間近に迫った開幕戦には「また試合を見たいと思ってもらえるよう、勝利をめざして頑張りたい」と意気込む。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

甲斐田 博高さん

70歳を過ぎても市内の小学校で担任を持ち教壇に立ち続ける

甲斐田 博高さん

下溝在住 71歳

10月29日号

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月22日号

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク