さがみはら南区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

「貪欲さ」武器に新エースへ 上溝出身・MF上米良柊人

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
後半戦へ意気込みを見せる上米良=23日、横山公園
後半戦へ意気込みを見せる上米良=23日、横山公園

 今季から大卒でSCに加入した、中央区上溝出身のMF上米良(かんめら)柊人(23)。前半戦は途中出場も含め、20戦中19戦に出場。1年目ながらチームの勝利の鍵を握る存在になっている。

開幕後すぐに3得点

 憧れていたJリーグの舞台。上米良は3月の開幕戦で試合終了間際にデビューを飾ると、第3節のガイナーレ鳥取戦では後半から出場。チームが同点に追いつかれた直後に味方のシュートのこぼれ球を押し込み、決勝点をあげ勝利に導いた。

 勢いはとまらず、第5節。チームは昨年までJ2に所属していた格上のロアッソ熊本にアウェーで2点差を付けられ、苦しむ展開。後半、三浦文丈監督から「流れを変えてこい」と送り出された上米良は、その1分後、味方がつないだパスをフリーで受けると、そのまま右足を振り抜き相手ゴールを割った。これで火が着いたSCは、立て続けに2点目を決め同点に持ち込むと、後半27分にはまたも上米良がシュートを突き刺す。自身に回ってきたチャンスをしっかりものにし、劣勢だったチームに逆転勝利をもたらした。

 初めてのJリーグの舞台で、めざましい活躍を見せる上米良だが、これまでの自身のプレーについて「まだまだ納得のいくものではない」と厳しく評価する。自身の持ち味は「DFの背後から、積極的にゴールを狙う貪欲さと運動量」。だが、第6節以降は得点に絡めておらず、シュートすら打てない試合も少なくない。パスを回してボールを保持しつつ、連動で得点につなげるチームのスタイルの中で、どう自身を生かすか。3週間に及んだ中断期間では、チームに染まるだけでなく、個性を伸ばすことを意識した。「まずは無理矢理にでも自分でゴールを狙い、だめだったら味方を使うことを意識した。この心がけで練習試合では2点決められた」と手応えを口にする。

流れ変える「起爆剤」に

 こうした「ゴールへの貪欲な姿勢」を、三浦監督も高く評価。「相手が嫌がるプレーをし、流れを変えかき乱すことができる」と期待を寄せている。上米良は、「監督が自分のプレーを理解してくれている。その気持ちに結果で応えたい」と意気込みを見せる。

 現在、18チーム中13位に沈むSC。前半戦では、ボールは保持するも、気の緩みから失点してしまうことが多かった。こうした状況に、「すごくもったいない。コミュニケーションを徹底し、90分しっかり集中して勝ち点3をとっていきたい」と話す。後半戦に向けては、「ゴール前だからこそリラックスし、積極的にゴールを狙っていきたい」。目標は「二桁得点」。コンディションと気合は十分。泥臭くゴールをめざし、エースの座を狙う新鋭から目が離せない。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

「市民の誇り」どう醸成

「市民の誇り」どう醸成 社会

シンポジウムで意見交換

1月21日号

新議長に中村昌治氏

相模原市議会

新議長に中村昌治氏 政治

任期途中で異例の交代

1月21日号

コロナ感染防止を啓発

本村市長

コロナ感染防止を啓発 社会

緊急事態宣言発出を受け

1月21日号

工事力で全国トップ3

トータルハウジング久野

工事力で全国トップ3 社会

第9回工務店グランプリ

1月21日号

相模原「ポテンシャル高い」

相模原市出身・冨永愛さんインタビュー(第4回) SDGs

相模原「ポテンシャル高い」 社会

1月21日号

相模原市南区の相模女子大学グリーンホールで成人式

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク