さがみはら南区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した 城ヶ滝 一朗さん 中央区在住 42歳

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena

悲願の日本一を「使命」に

 ○…2月にライズの新ヘッドコーチに就任した。昨年10月、同チームで共にプレーした石井光暢理事長から口説かれ、一度は断ったものの、再アタックされ「石井さんのため、チームのため」と引き受けた。重責を感じたのは1月の納会。サインを求め選手たちに駆け寄る、多くの親子の姿があった。「この人たちを必ずライスボウル(アメリカンフットボールの日本一決定戦)に連れていく」と固く誓った。

 ○…大阪府吹田市生まれ。3兄弟の3男。市内でトップクラスの成績を残す兄2人に倣いバレーボールに取り組むも振るわず、その悔しさから日本一に近かったアメフトの強豪・大産大高校に進学。2年生でレギュラーの座をつかむと、念願が叶って日本一に。推薦で進んだ東海大で4年時に主将を務めるもリーグ戦で低迷したことからまたも頂点への渇望がわき出し、強豪のオンワードへ。ここでも2006年に主将としてチームを日本一に導いた。アメフトを「誰でも成功できるスポーツ」と表現し、まさに地で証明している。

 ○…海釣りやキャンプが大好き。東京湾での海釣りが多く、マグロを釣り上げた経験もあり、今では魚をさばける腕前に。最近はキャンプに熱を上げ、山梨などへ足を延ばす。自然に浸り、非日常が味わえることに醍醐味を感じている。

 ○…昨季、ライズは最下位に沈んだが、チーム名に由来する「陽はまた昇る」の精神で悲願の日本一を目指す。自身はそれを「使命」とし、日本一にふさわしい、周囲に認められる「戦う集団」の形成に努める。「選手に日本一を味わわせてやりたい。そして地元が誇れるチームに」。コーチ歴こそないが、「リーダー歴」は豊富。選手に「アニキ」と慕われる新指揮官が栄光へと導く。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月22日号

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

山口 友彦さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2020年度会長を務める

山口 友彦さん

緑区大島在住 41歳

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク