さがみはら南区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した 飯塚 侑さん 緑区大島在住 36歳

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

地域の未来 信じて動く

 ○…第56代理事長に就任。新生活様式の中で組織の意義が問われる今、「個が集合するJCの多様性を武器に、誰もが活躍できる機会を感じられる運営を」と、明日を担う青年経済団体の舵取りに意欲を見せる。「大きな成果を生むために大きな事をするのではなく、小さな挑戦を積み重ねた集大成が成果となる」。取り組みに対する正解不正解ではなく、その過程に主眼を置く構えだ。

 ○…緑区中野出身。祖父も父も塗装業という血筋だが「自分はやりたくない」と子供心に感じていた。城山高時代はピザ店でのアルバイトに夢中になり、貯めた小遣いでピアノ教室に通い、バンドにも精を出した。ピザが客に喜ばれるとうれしくて、高卒後は飲食業を志すも、ある日、塗装会社の求人を父に紹介されたことが転機となった。

 ○…「稼げれば」ぐらいの気持ちで飲食とかけ持った塗装業だったが、祖父から3代にわたり世話になった会社への恩義もあり、やがて本職に。修業を経て、「けがと弁当は自分持ち」と言われる職人の待遇改善を胸に25歳で「飯塚塗研(株)」を起業した。だが懇意な元請けが傾き、資金繰りはもとより精神的にも苦しむ日々。理想の会社像を探し求めさまざまな経営者と交わるうちにJCを知り、30歳で入会した。

 ○…「信動〜信頼の輪が創る活力溢れる相模原の創造〜」と掲げた方針はそんな歩みに由来する。「入会前は人を信じることが怖くて自分すら信じられなかった。でも自分を信じて動けば道が開け、人と人との信頼にも結び付くことをJCに学んだ」。そして「会として、地域の未来を信じて動きたい」。ピザも音楽も塗装も…。ものを創り、人に楽しんでもらうことが性に合う。「そう考えると、JCもまちづくりだからつながるね」

さがみはら南区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook