さがみはら南区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

SC経営 DeNAが参画 地域振興に向けタッグ

スポーツ

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
(左から)SCの小西展臣社長、望月会長、DeNAの對馬本部長、西谷義久戦略部長=SC相模原提供
(左から)SCの小西展臣社長、望月会長、DeNAの對馬本部長、西谷義久戦略部長=SC相模原提供

 地元サッカークラブ・SC相模原は2月25日、IT企業ディー・エヌ・エー(DeNA)がクラブ経営に参画することを発表した。今年4月にSCの株式19%を取得、トップスポンサーとして協賛を開始する。DeNAはスポーツを通じた地域振興の実績があり、SCと共に地域を盛り上げていく。

 25日に開かれた合同記者会見で、SCの望月重良会長から、DeNAがSCの株式を19%取得することがJリーグで承認されたことやトップスポンサーとして協賛すること、DeNAの取締役2人と社員数人をSCが受け入れ、経営に参画することが公表された。

 DeNAは2011年にプロ野球に参入し横浜DeNAベイスターズを運営、18年からはプロバスケットボールBリーグに参入し川崎ブレイブサンダースの運営に乗り出した。地域やファンの要望に応える取り組みやスタジアムの増設などを行い、両チームとも観客動員数や1試合の平均来場者数を伸ばしている。

 SCは昨年、Jリーグ参入7シーズン目でJ2に昇格した。J2ではクラブ運営費が低いSCにとって、DeNAの協賛やスポーツ事業のマネジメントに協力してもらうことはプラスとなる。

 一方で、DeNAは神奈川県のスポーツ事業を活性化させたい意向が強いことから、県北部をホームタウンとするSCの経営に参画し、より広域に神奈川県の地域発展に貢献できる。望月会長は「さらに上をめざすためには、クラブの経営基盤、組織力、ブランディング力の向上など成長が必要。プロ野球球団やBリーグといった日本トップのプロスポーツの運営やプロスポーツビジネスのノウハウを持ったDeNAの協力はありがたいこと」と話した。

 会見に出席したDeNAの對馬誠英スポーツ事業本部長は「ホームタウンには100万人の人口がおり、スタジアム構想を含めポテンシャルのある地域として、大変期待している」と話した。SCは相模原市と座間市、綾瀬市、愛川町をホームタウンとしている。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

目標は「春夏連覇」

東海大相模

目標は「春夏連覇」 スポーツ

センバツ優勝を市に報告

4月22日号

連休「家で花火を楽しんで」

連休「家で花火を楽しんで」 文化

全国一斉、市内は3日・5日

4月22日号

高齢者施設へ接種開始

コロナワクチン市内状況

高齢者施設へ接種開始 社会

集団・個別は5月以降に

4月15日号

芝ざくら 今年で見納め?

芝ざくら 今年で見納め? 社会

管理団体が解散

4月15日号

東海大相模が10年ぶりV

東海大相模が10年ぶりV スポーツ

春の選抜大会制す

4月8日号

ピアノ連弾、高齢者に届け

ピアノ連弾、高齢者に届け コミュニティ教育、

E-girlsがリモート演奏会

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter