さがみはら緑区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート 医師と患者、二人三脚で臨む循環器治療 急性疾患にも常時対応できる体制を強化

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
循環器内科部長・干場泰成医師
循環器内科部長・干場泰成医師

 「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2の8の18、高野靖悟病院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担ってきた。

 同院の循環器内科は、循環器疾患全般を扱っており、急性疾患にも常時対応できる体制を強化している。また、心臓血管外科とも密に連携し、手術の必要な症例にも対応。4月に同科部長に就任した干場泰成医師は「近隣の開業医からの紹介患者も積極的に受け入れています」と話している。

 干場医師はすべての循環器疾患を専門分野として扱うが、同院では主に心不全、不整脈の治療を担当。「『心不全』とはよく耳にしますが、実は病名ではなく心臓が『バテた』状態を表しています」と説く。心不全の原因には、心臓以外も含め様々な疾患が考えられる。原因となる心疾患は、虚血性心疾患、不整脈、弁膜症など多岐にわたり、単一でない場合もあるため、しっかりとした精査・評価が必要となる。同科では虚血性心疾患、不整脈に対するカテーテル・ペースメーカー治療、心不全に対しては特別な両心室のペースメーカー治療を施しているという。

 循環器疾患は治療が長期に及ぶことが多く、医師と患者やその家族との二人三脚での治療が求められる。「そのため、病気について分かり易くお話しすることを心掛けています。今後もそれを守りながら治療の質を向上させていきたい」と今後の姿勢を語った。

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

脳ドックで「早期発見を」

MRI・MRAや必要な検査を実施 医療レポート

脳ドックで「早期発見を」

取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

10月14日号

「施設は嫌、でも一人は不安」

家賃4万6000円〜”全国初の方式”で新築 11/1開設城山の原宿

「施設は嫌、でも一人は不安」

日中は管理人、夜間はセンサー

10月14日号

秋のパンジー狩り

10/16(土)〜11/3(祝)

秋のパンジー狩り

よりどり28個が2200円

10月14日号

子宮の癌(がん)にも腹腔鏡手術

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

子宮の癌(がん)にも腹腔鏡手術

三成会 新百合ヶ丘総合病院

10月14日号

エアコンか換気扇洗浄が4000円

”奥様応援キャンペーン”

エアコンか換気扇洗浄が4000円

10月14日号

来年2月に新園舎完成

津久井ヶ丘幼稚園

来年2月に新園舎完成

幼稚園型認定こども園移行に伴い

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook