さがみはら緑区版

トップニュースの記事一覧

  • 藤野アート、アプリで発信

    藤野アート、アプリで発信 文化

    GPSで情報取得 英語版も

     相模原市はこのほど、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどの携帯端末を利用して藤野地域にある野外環境アート作品を紹介するアプリケーションソフト(アプリ)「F...(続きを読む)

  • 授業数増で夏休み短縮へ

    市立小中学校

    授業数増で夏休み短縮へ 教育

    要領改訂受け来年度から

     市立小中学校で2019年度から、夏休みが1週間短縮されることとなった。学習指導要領の改訂による授業時間の増加に伴う措置で、中村昌治市議(自民党相模原)の6月定...(続きを読む)

  • 発達障害、カードで支援

    発達障害、カードで支援 社会

    市民理解促すツールに

     相模原市は、発達障害がある人とその家族の生活を支援するツールとして「サポートカード」を作成し、4月から配布している。カードによって、一見、障害があるようには見...(続きを読む)

  • ガイドブック2種類刊行

    津久井湖城山公園

    ガイドブック2種類刊行 教育

    城の歴史と自然を紹介

     (公財)神奈川県公園協会はこの程、県立津久井湖城山公園のガイドブック「津久井城ものがたり〜過去から未来へ」と「自然のモザイクざくざく案内〜城山の四季といきもの...(続きを読む)

  • 初の2大会連続優勝

    広陵ミニバスケットクラブ

    初の2大会連続優勝 スポーツ

    地域一体で強豪クラブへ

     広陵小学校(若葉台)の児童で構成する「広陵ミニバスケットボールクラブ男子チーム(以下、広陵)」が、北相東地区(=相模原市)の新人戦と春季大会で連続優勝という快...(続きを読む)

  • 市「青野原で小中一貫」提案

    市「青野原で小中一貫」提案 教育

    青根 学校のあり方協議

     市教育委員会は5月28日、青根にある市立青根小学校と青根中学校の学習環境について考える「青根小・中学校のあり方検討協議会」(関戸正文会長)で、2020年3月末...(続きを読む)

  • 調査以来、過去最多に

    虐待が疑われる児童数

    調査以来、過去最多に 教育

    窓口を一元化し実態把握

     市は16日、昨年度の児童虐待の相談状況を発表し、2010年の調査開始以来、虐待が疑われる児童の数は過去最多となった。全国的に児童虐待が増加傾向にある中、市では...(続きを読む)

  • 2年連続Jリーガー誕生

    東海大相模サッカー部

    2年連続Jリーガー誕生 スポーツ

    中山陸さん V甲府に内定

     東海大相模高校サッカー部の中山陸さん(3年)が、サッカー・J2リーグのヴァンフォーレ甲府に来季から加入することが5月10日に発表された。同校サッカー部からは、...(続きを読む)

  • 節目の50年、加盟全50園に

    市幼稚園・認定こども園協会

    節目の50年、加盟全50園に 社会

    幼児教育向上へ「大同団結」

     市内の幼稚園・認定こども園で構成される「(一社)相模原市幼稚園・認定こども園協会」(川崎永会長)にこのほど8園が加わり、創立以来初めて市内に立地する全50園が...(続きを読む)

  • ユーチューブで見所紹介

    城山商工会青年部

    ユーチューブで見所紹介 経済

    1年間で37番組を投稿

     動画共有サイト『ユーチューブ』を活用して、城山の観光スポットや名店などを発信する「しろやまTV」が好評を博している。仕掛けたのは城山商工会青年部(松本夏樹部長...(続きを読む)

  • 山岳写真展 60年を回顧

    藤野在住三宅修氏

    山岳写真展 60年を回顧 文化

    郷土プロ作家の足跡を追う

     郷土資料館「吉野宿ふじや」(吉野214)で6月10日(日)まで、企画展「吾が心の山〜山岳写真家三宅修の踏み跡」が開催されている。吉野宿を運営するNPO法人ふじ...(続きを読む)

  • 芸術道具の供養塚を建立

    県内の芸道者

    芸術道具の供養塚を建立 文化

    寸沢嵐の寺院境内に

     書道や茶道、華道、舞踊などの芸道の修練に使用して、傷んだり壊れたりした道具を供養するための「供養塚」が、寸沢嵐にある日蓮宗寺院・伯凰院(佐藤玄宗住職)に建立さ...(続きを読む)

  • 担い手不足解消を

    (仮称)介護人材センター

    担い手不足解消を 社会

    市、19年度中の設置めざす

     相模原市は2018年度から20年度までの3年間を計画期間としてこのほど策定した「第7期相模原市高齢者保健福祉計画」の中に「(仮称)介護人材センター」の設置検討...(続きを読む)

  • 3年ぶりに人情村芝居

    青野原

    3年ぶりに人情村芝居 文化

    青年有志が伝統芸能継承

     青野原・長野地区で100年近く続く伝統芸能として受け継がれている「村芝居」。この伝統の村芝居が上演される『春の祭』が5月26日(土)、午後6時から長野会館(青...(続きを読む)

  • 県内初の同日試合

    SC相模原 ノジマステラ

    県内初の同日試合 スポーツ

    6日 ギオンスタジアムで

     SC相模原とノジマステラ神奈川相模原は5月6日(日)、相模原ギオンスタジアム(南区下溝)でホームゲームを同日開催する。県内では初の試みで、市内在住の...(続きを読む)

  • 「切れ目のない支援」へ全力

    市こども若者未来局

    「切れ目のない支援」へ全力 社会

    「ひとり親」への施策重点に

     「こどもの日」を前に本紙では、相模原市が昨年新設した「こども・若者未来局」の鈴木英之局長にインタビューを行った。子どもを取り巻く様々な問題が顕在化する中、相模...(続きを読む)

  • 来春、相模原で世界大会

    水泳飛込み競技

    来春、相模原で世界大会 スポーツ

    富士市に続き国内2例目

     水泳・飛込み競技の世界大会「FINAダイビングワールドシリーズ」が来年3月、さがみはらグリーンプール(中央区横山)で開催される。国内2例目。世界レベルの大会が...(続きを読む)

  • カヌー普及へ市民大会

    住民協力の設営コースで 三ヶ木道志川

    カヌー普及へ市民大会 スポーツ

     「第2回相模原市道志川カヌースラローム大会」が4月30日(月・祝)、地元住民の協力で三ヶ木の道志川に設けられたカヌーコースで開催される。主催する相模原市カヌー...(続きを読む)

  • 初の日本人優勝者に

    南区在住古海行子さん

    初の日本人優勝者に 文化

    高松国際ピアノコン

     若手音楽家の世界への登竜門「第4回高松国際ピアノコンクール」が、3月14日から25日にかけてサンポートホール高松(香川県)で開かれ、南区在住で昭和音...(続きを読む)

  • 駅前でWi-Fi使用可能に

    相模湖藤野

    駅前でWi-Fi使用可能に 経済

    外国人観光客増加に期待

     相模原市は4月から、無料公衆無線LAN「SAGAMIHARA Tourism Free Wi-Fi(ワイファイ)」の提供を相模湖駅と藤野駅周辺で開始した。陣馬...(続きを読む)

  • 橋本の上昇目立つ

    公示地価

    橋本の上昇目立つ 経済

    開発の影響気にする声も

     国土交通省が3月27日に発表した2018年の地価調査(公示地価)によれば、市内3区の内、平均変動率で緑区が住宅地、商業地とも最も高い上昇率を見せた。また、個別...(続きを読む)

  • 「ロボのまち」世界へ発信

    相模原市

    「ロボのまち」世界へ発信 社会

    今秋、競演会に出展決定

     10月17日(水)から21日(日)にかけて東京ビッグサイト(東京国際展示場/東京都江東区)で開催される「World Robot Summit2018」(WRS...(続きを読む)

  • 役所・消防・公民館が一体化

    青根地区

    役所・消防・公民館が一体化 社会

    新たな地域拠点に期待

     青根地域の緑区役所青根出張所・津久井消防署青根分署・青根公民館が一体化した複合施設が完成し、4月1日に供用が開始された。市民の暮らしに密接に関わる行政機能が一...(続きを読む)

  • 「津久井を桜の名所に」

    津久井中央RC

    「津久井を桜の名所に」 経済

    地元児童らと60本を植樹

     津久井中央ロータリークラブ(RC、森田正紀会長)は2月から3月にかけて、津久井各所で桜の記念植樹を行った。「郷土の誇り尾崎咢堂がワシントンポトマック河畔に3千...(続きを読む)

  • 新たな動脈「東西道路」開通

    新たな動脈「東西道路」開通 社会

    「南北」に接続 利便性向上へ

     相模総合補給廠一部返還地(以下返還地)で昨年8月から整備が進められていた東西道路が、3月26日正午に供用開始された。相模原駅と橋本駅周辺を一体的に整備する市の...(続きを読む)

  • 「100年クスノキ」後世に

    相原高校

    「100年クスノキ」後世に 文化

    移植困難も2世育成で

     橋本にリニア中央新幹線の新駅が設置されることに伴い、来年4月の移転を予定している神奈川県立相原高校(橋本/江原洋一校長)。その構内にあり、長年、地域のシンボル...(続きを読む)

  • ダムアワードを初受賞

    相模・城山宮ヶ瀬ダム

    ダムアワードを初受賞 社会

    総合運用で渇水乗り切る

     ダムファン有志などが、その年に最も印象に残る働きをしたダムを表彰する「日本ダムアワード2017」で、相模ダム(相模湖)・城山ダム(津久井湖)・宮ヶ瀬...(続きを読む)

  • スポーツ通じ「共生社会」を

    市内障害児・者支援団体

    スポーツ通じ「共生社会」を 社会

    4月からは新チーム発足

     スポーツを通じた「共生社会」の実現をめざし、障害者にサッカーができる環境を提供するNPO法人アクティブスポーツ(中央区/小島光顕代表)は今年4月から...(続きを読む)

  • 上位進出めざし、発進

    ノジマステラ神奈川相模原

    上位進出めざし、発進 スポーツ

    3月21日にリーグ開幕

     地元女子サッカーチーム、ノジマステラ神奈川相模原が所属する「2018プレナスなでしこリーグ1部」が3月21日(水・祝)に開幕する。菅野将晃監督体制の7年目、「...(続きを読む)

  • 「桜」巡るスタンプラリー

    相模原市

    「桜」巡るスタンプラリー 社会

    五輪前に世界へ魅力発信

     市は、3月27日(火)から市内の魅力を国内外に発信する企画「さがみはら桜デジタルスタンプラリー」を開催する。これは市内の桜の名所を巡りながらスマートフォンなど...(続きを読む)

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク