さがみはら緑区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 75歳以上 13日から受付

    市のコロナワクチン予約

    75歳以上 13日から受付 社会

    集団接種は16日開始

     新型コロナウイルスワクチンの接種予約について相模原市は、75歳以上の高齢者を対象に5月13日の午前8時30分から受付を開始する。予約ができるのは5月16日(日...(続きを読む)

    5月13日号

  • 「見て、私たちの作品」

    相模原総合美術部

    「見て、私たちの作品」 教育

    校内にオリジナル壁画制作

     大島にある相模原総合高校(小松巌校長)の美術部がこのほど、校内の階段踊り場にオリジナルデザインの壁画を完成させた。同校は2023年度に城山高校と再編...(続きを読む)

    5月13日号

  • ワクチン接種 円滑に

    相模原市4月補正予算案

    ワクチン接種 円滑に 政治

    総額22億8400万円を計上

     市は新型コロナウイルス感染症に係る予防対策事業やワクチン接種事業、経済対策事業等に要する経費として、総額22億8400万円の2021年度4月補正予算案を市議会...(続きを読む)

    5月7日号

  • 6年振り「相武ダービー」

    SC相模原

    6年振り「相武ダービー」 スポーツ

    9日ホーム 町田迎え撃つ

     サッカーJ2・SC相模原は5月9日(日)、ホームの相模原ギオンスタジアムでFC町田ゼルビアと対戦する(午後1時キックオフ)。相模原と町田が隣接する地域とあって...(続きを読む)

    5月7日号

  • コロナ収束 天まで届け

    和田自治会有志

    コロナ収束 天まで届け 文化

    鯉のぼり谷渡し 本日から

     佐野川地区にある澤井川の上空に約200匹の鯉のぼりが泳ぐ「和田自治会 鯉のぼり谷渡し」が本日4月29日(木)から5月5日(水)まで行われる。同地区で...(続きを読む)

    4月29日号

  • 「相模原愛」醸成へ条例制定

    「相模原愛」醸成へ条例制定 社会

    全国初 市「魅力発信を強化」

     相模原市は市への愛着を醸成し地域活性化を図る「さがみはらみんなのシビックプライド条例」(さがみん条例)を制定し、1日に施行した。まちに対する市民の誇りや愛着、...(続きを読む)

    4月29日号

  • 住民ら新ルートを整備

    石老山

    住民ら新ルートを整備 社会

    相模湖側から登山可能に

     陣馬山と並ぶ区内屈指の人気登山・ハイキングコース「石老山」。2019年10月の台風19号の影響により、登山道が多大な被害を受け、 相模湖地区側から山...(続きを読む)

    4月22日号

  • 目標は「春夏連覇」

    東海大相模

    目標は「春夏連覇」 スポーツ

    センバツ優勝を市に報告

     第93回選抜高等学校野球大会で10年ぶり3度目の優勝を果たした東海大相模高校野球部の選手らが15日、相模原市役所を訪れ、本村賢太郎市長らに優勝報告を...(続きを読む)

    4月22日号

  • 佐藤靖子さんが初優勝

    青根在住プロゴルファー

    佐藤靖子さんが初優勝 スポーツ

    国内ツアー 家族支え糧に

     国内下部ステップ・アップ・ツアー「ラシンク・ニンジニア・RKBレディース」が3月23日・24日、福岡県の福岡カンツリー倶楽部和白コースで行われ、青根...(続きを読む)

    4月15日号

  • 高齢者施設へ接種開始

    コロナワクチン市内状況

    高齢者施設へ接種開始 社会

    集団・個別は5月以降に

     高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が全国で12日から始まったのに併せ、市でも、市内の高齢者施設の入所者と従事者に対して接種を開始した...(続きを読む)

    4月15日号

  • 改良工事で省エネ化

    北清掃工場

    改良工事で省エネ化 社会

    売電収入3300万円アップ

     下九沢にあるごみ処理場「相模原市北清掃工場」の老朽化を原因とした約3年半に渡る段階的な改良工事が先月末に完了した。処理設備の交換や発電機の改良により...(続きを読む)

    4月8日号

  • 相模原市がワイン特区に

    相模原市がワイン特区に 社会

    規制緩和で地産拡大期待

     相模原市は3月26日、内閣府から「さがみはらのめぐみワイン特区」に認定されたと発表した。この認定により、市内の特産物を原料とした果実酒やリキュールの...(続きを読む)

    4月8日号

  • 4月1日から有料化

    市の電気自動車充電器

    4月1日から有料化 社会

    民間スタンドの拡大受け

     相模原市は、今まで利用無料だった市設置の電気自動車の急速充電器を4月1日から有料化した。民間充電ビジネスの拡大や他自治体の有料化の動向などを踏まえた...(続きを読む)

    4月1日号

  • 市、集団接種へ運営訓練

    コロナワクチン

    市、集団接種へ運営訓練 社会

    副反応対応など手順検証

     新型コロナウイルスワクチンの集団接種を想定し、相模原市は3月20日、実際の会場となる国民生活センター(中央区)で運営訓練と接種後に副反応が生じた場合の対応訓練...(続きを読む)

    4月1日号

  • 学校トラブルに専門家

    相模原市教育委員会

    学校トラブルに専門家 教育

    来年度から 法的助言に期待

     いじめ問題や保護者とのトラブルなどの法的対応の必要性から、近年教育現場に弁護士「スクールロイヤー」(以下SL)を配置する動きが全国で広がっている。相模原市では...(続きを読む)

    3月25日号

  • 日本最年少でF1に参戦

    二本松出身角田裕毅選手

    日本最年少でF1に参戦 スポーツ

    「最高の結果出したい」

     二本松出身のレーシングドライバー角田 裕毅(つのだ ゆうき)選手(20)がアルファタウリ・ホンダから、自動車レースの最高峰「F1」に参戦する。日本人F1ド...(続きを読む)

    3月25日号

  • 4月〜悲願の延伸が実現

    葉山島バス路線検討会

    4月〜悲願の延伸が実現 社会

    橋本駅〜田名BT線

     4月1日から、神奈中バスの葉山島経由「橋本駅―小沢線」が、中央区の田名バスターミナル(以下田名BT)まで延伸され、「橋本駅―田名BT線」として運行されることに...(続きを読む)

    3月18日号

  • 帰還カプセル世界初公開

    はやぶさ2

    帰還カプセル世界初公開 文化

    全国から4800人来場

     小惑星リュウグウでの試料採取に成功し、昨年12月に無事に地球帰還を果たし宇宙科学研究所(宇宙研)で解析が進められていた、探査機はやぶさ2再突入カプセルが12日...(続きを読む)

    3月18日号

  • 自民対立民の構図か

    衆院選神奈川14・16区

    自民対立民の構図か 政治

    相模原エリアの情勢探る

     次期衆議院議員総選挙は、任期満了を迎える今年10月までに実施される。一方で解散の時期としては、3月末の予算成立後や7・8月の東京五輪開催前後などが取り沙汰され...(続きを読む)

    3月11日号

  • 東日本大震災から増加

    相模原市職員派遣

    東日本大震災から増加 社会

    被災地同士の協力も

     東日本大震災以降、相模原市では被災地への派遣職員の数が増加している。背景には全国的に自然災害が多発しているのに加え、被災地を全国から支援する流れが形成された点...(続きを読む)

    3月11日号

  • SC経営 DeNAが参画

    SC経営 DeNAが参画 スポーツ

    地域振興にタッグ

     地元サッカークラブ・SC相模原は2月25日、IT企業の株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)がクラブ経営に参画することを発表した。今年4月にSCの株式19%を...(続きを読む)

    3月4日号

  • 23年義務教育学校へ

    新校は既存校舎を増改築

    23年義務教育学校へ 教育

     相模原市教育委員会(市教委)はこのほど、2023年4月から鳥屋小学校(鳥屋1321の3)と近隣にある鳥屋中学校(鳥屋1339)を統合し、小中一貫の義...(続きを読む)

    2月25日号

  • SC相模原 いざJ2開幕

    SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

    28日、初戦は京都サンガ

     昨年、悲願のJ2昇格を果たした地元サッカークラブ・SC相模原は2月28日(日)、ホーム相模原ギオンスタジアムでシーズン開幕を迎える。開幕戦は、京都サンガF.C...(続きを読む)

    2月25日号

  • 3.7千万円の「恩返し」

    緑区地域医療を支える会

    3.7千万円の「恩返し」 社会

    コロナ奮闘 協同病院へ寄付

     今までお世話になった地元の病院に対して、地域住民主導での”恩返し”が叶った。橋本地区の有志団体らで立ち上げた「相模原市緑区地...(続きを読む)

    2月18日号

  • 6年ぶり減の2,989億円

    当初予算案一般会計

    6年ぶり減の2,989億円 政治

    緊縮編成 コロナ対策継続

     相模原市は9日、2021年度当初予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響などによる大幅な市税減収などを受け、一般会計は過去最大だった前年度から一転、8...(続きを読む)

    2月18日号

  • 特製マンホール蓋を設置

    「はやぶさ2」関連事業

    特製マンホール蓋を設置 社会

    カプセル帰還成功を記念

     探査機・はやぶさ2のカプセルが小惑星リュウグウからの地球帰還に成功したのを記念し、相模原市はこのほどJAXA宇宙科学研究所(宇宙研)と協力してオリジナルデザイ...(続きを読む)

    2月11日号

  • 気候研究で環境大臣賞

    ふじの里山くらぶ

    気候研究で環境大臣賞 文化

    5年間の活動が評価

     会員制市民団体「ふじの里山くらぶ」(星和美理事長)がこのほど、『2020年度気候変動アクション環境大臣表彰』を受賞した。星理事長は「会員の積極的な活動が評価さ...(続きを読む)

    2月11日号

  • 移住相談が増傾向

    藤野地域

    移住相談が増傾向 社会

    都心へ1時間 自然も魅力

     新型コロナによる働き方の変容を受け、藤野地域への移住を検討する人が増えている。基本は在宅ワークで、週何度か都心のオフィスまで出社する場合、藤野駅から新宿駅まで...(続きを読む)

    2月4日号

  • ワクチン接種を推進

    相模原市補正予算

    ワクチン接種を推進 社会

    体制整備などに約40億円

     相模原市議会は1月29日、定例会第1回臨時会議を開催し、新型コロナウイルスワクチン接種事業などに関わる経費を盛り込んだ2020年度1月補正予算案を可決した。補...(続きを読む)

    2月4日号

  • 母親の「休息」重点に

    相模原市

    母親の「休息」重点に 社会

     産後ケア 1月から拡充

     産後うつなどの予防策として、相模原市は1月1日から母親を対象とした支援事業を拡充した。具体的には、出産後の産婦健診や、助産院などでの「産後ケア」への...(続きを読む)

    1月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter