多摩版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

「再エネ」でイルミ復活 多摩一小・連光寺小児童と地元住民で

社会

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena
点灯したイルミネーションを眺める子どもたち
点灯したイルミネーションを眺める子どもたち

 聖蹟桜ヶ丘駅前の街路樹に12月15日から24日まで、7年振りにイルミネーションが点灯された。

 このイルミネーションは、多摩市立多摩第一小学校と連光寺小学校の6年生が総合的な学習の時間にエネルギーについて学び、風力、水力、太陽光、人力などで発電した再生可能エネルギーを使って点灯されたものだ。

 駅前のイルミネーションは、2011年の東日本大震災以降中止されていた。そうした中で、地元住民有志が両校と京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターの協力を得て、子どもたちの学びの実践にとイルミネーションを復活させた。

 イルミネーションに使われた電気は、両校の児童がペットボトルを再利用した風力発電装置や水車、スクリューを使った水力発電装置を自作し、6Vのバッテリーに蓄電したものなどを活用。街路樹に巻き付けられた電飾や、植え込みの下にLEDを使った「キボウセカイカエル」「エコミライテラス」とメッセージボードも点灯された。

 15日に行われた点灯式には、両校児童と、地元住民が参加し、発電装置の展示などが行われ、カウントダウンとともにライトアップされた。点灯したイルミネーションを見た連光寺小学校の児童は「自分たちで作ってためた電気が役にたって嬉しい」と話していた。

多摩版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月13日号

来館者20万人を達成

小野路宿里山交流館

来館者20万人を達成 文化

「おもてなし」の心、リピーター呼ぶ

6月13日号

「ともフェス」今年も開催

「ともフェス」今年も開催 社会

聖蹟桜ヶ丘で6月22日

6月13日号

巨人軍と共に「多摩市フェス」

巨人軍と共に「多摩市フェス」 スポーツ

市民無料招待試合を開催

6月13日号

特別支援教育に理解を

特別支援教育に理解を 教育

「多摩桜の丘学園」で学校公開行事

6月13日号

待機児童、昨年比で6人減

待機児童、昨年比で6人減 社会

4月1日時点で77人

6月13日号

専門家による認知症相談

専門家による認知症相談 社会

音楽ムーブメントの体験も

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

あなたの胃、健康?

あなたの胃、健康?

あいクリニックで講座

6月29日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク