多摩版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

犯罪・非行の防止、更生支援へ 「社会を明るくする運動」7月5日に街頭啓発活動

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
啓発活動について発表され、阿部市長が挨拶した
啓発活動について発表され、阿部市長が挨拶した

 犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、犯罪や非行のない明るい社会を築こうと法務省が提唱し、全国で行われる「社会を明るくする運動」。

 阿部裕行多摩市長を推進委員長とする「多摩市社会を明るくする運動推進委員会」が6月14日、多摩市役所で開かれた。

 同委員会は、日野・多摩・稲城地区保護司会多摩分区(青木智子分区長)、同地区更生保護女性会(関戸良会長)が中心となって、毎年「海の日」に関係団体や市内の小・中学校らが参加して、啓発パレードを行ってきた。昨年からは、昨今の異常気象を考慮して、駅頭でチラシ配りなどの啓発活動を行っている。

 今回開かれた委員会には、保護司会多摩分区のメンバーをはじめ、関係・協力団体が参加。今年の啓発活動を7月5日(金)に、聖蹟桜ヶ丘、永山、多摩センターの3駅で街頭活動を実施することが発表され、各団体に参加の協力を呼び掛けた。

 推進委員長の阿部市長は「社会を明るくする、犯罪、飛行を防止すること、立ち直りを支えていくということは大事。どのような場面においても絶対に命を奪ってはならない、奪った側の人がきちんと責任を明確に感じること。そういう社会を明るくする運動は本当に大事な運動なので、協力をお願い致します」と挨拶した。

 また青木分区長は「3駅での街頭啓発活動は今年で2年目。昨年の実績、反省を踏まえ、各団体の皆様に数名ずつでも参加していただけたら」と呼びかけ、安倍晋三首相や東京保護観察署長の言葉を紹介しながら「社会を明るくする運動の周知に努め、犯罪を繰り返すことのないように啓発活動を進めていきたい」と運動に向けて抱負を語った。

多摩版のローカルニュース最新6

市内児童に感謝状

市内児童に感謝状 社会

高齢者を助ける

9月9日号

たましん美術館招待券プレゼント

児童虐待防止に「提言」書籍

超党派の若手議員

児童虐待防止に「提言」書籍 社会

9月9日号

「あの大きな施設は何――?」

「あの大きな施設は何――?」 社会

多摩NT通りから 「薬草」で話題

9月9日号

がんばる女性を応援

がんばる女性を応援 社会

大久保 聡子さん

9月9日号

「補助犬」育成資金 募る

「補助犬」育成資金 募る 社会

クラファン 9月29日まで

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook