多摩版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

大学生の就業体験始まる 小・中学校で授業をサポート

教育

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
体育の授業で子どもと触れ合う日向さん
体育の授業で子どもと触れ合う日向さん

 多摩市教育委員会は6月15日から、市立小・中学校で教員を目指す大学生のインターンシップ(就業体験)の受け入れを始めた。

 インターンシップは、教員免許を取得するための教育実習とは異なり、大学生が教育現場を知るための実習の場として行われているもの。多摩市では毎年、1年を通じて市内や近郊の大学2・3年生約100人の受け入れを行っている。例年、ゴールデンウィーク明けから受け入れを行っているものの、今年度は新型コロナウイルスの影響で小・中学校が休校。6月1日から段階的に授業が再開されたものの、感染対策や子どもたちのフォローなどで人手を確保が必要なため、学校の再開とともにインターンシップの受け入れを始めた。

 一方、大学側もオンライン授業を行っているところがほとんどで、学生の派遣が難しい状況。そうした中で、日頃から連携を取っている国士舘大学がいち早く派遣体制を整え、この日から同大の学生が小学校を訪れた。

 東寺方小学校を訪問したのは同大学体育学部体育学科3年生の松本幸海さん(20)、日向俊介さん(20)の2人。1年生の授業のサポートにあたり、今後も感染防止対策を取りながら、週に一度、学校を訪れ、担任の教諭のもとで子どもたちの授業のサポートにあたる。松本さんは「自分から子どもたちに積極的に話しかけ、コミュニケーションの取り方を学びたい」と話し、日向さんは「小さい子どもと接する機会が少なかったので、接し方を学びたい」と意欲を見せていた。

 なお、市教委によると今後前期で約30人、後期で約40人の学生のインターンシップの受け入れを予定しているという。

授業のサポートをする松本さん
授業のサポートをする松本さん

多摩版のローカルニュース最新6

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン)

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン) 文化

丸善多摩センター店でコラボ展

8月6日号

先人の体験・思いと平和観を

先人の体験・思いと平和観を 社会

伝承活動を行う天野佳世子さん

8月6日号

次世代が伝えたいこと

次世代が伝えたいこと 社会

被爆地訪れた2人に聞く

8月6日号

「みんなで楽しみましょう」

市バスケ連盟

「みんなで楽しみましょう」 スポーツ

元日本代表招き 子ども向けクリニック

8月6日号

コロナ禍でも「地域のために」

コロナ禍でも「地域のために」 社会

受付続ける関戸の葬儀ホール

8月6日号

俳句・川柳を募集

永山公民館

俳句・川柳を募集 文化

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク