多摩版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

住まい探しの困りごとに対応 多摩市居住支援相談窓口を開設

社会

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena
「しごと・くらしサポートステーション」に併設
「しごと・くらしサポートステーション」に併設

 「年金暮らしで今よりも家賃が安いところに住みたい」「安心して子育てができる住宅に住みたい」「身体的な理由で低階層に移りたい」「家族が増えるので広い家に住み替えたい」。そうした相談に乗ってくれる「多摩市居住支援相談窓口」が7月6日、ベルブ永山4階の「しごと・くらしサポートステーション」内に併設される形で開設された。

 市では、2017年5月に、学識経験者や不動産事業者等で構成される「多摩市住替え・居住支援協議会」を設立。居住の安定・円滑な住み替えを支援し、市民の福祉の向上、住み続けたくなる住まい・住環境を実現することを目的として様々な協議を行っている。これまでに年に4回の住み替え相談会やセミナー等を実施してきた。そうした中で、開催時期が決まっている相談会以外の期間でも、困っている人たちの相談を受け付けようと議論を重ね、今回、常設窓口を設置することが決まった。

事前に予約を

 同窓口で行うのは、住み替え先を探す手伝いのほか、不動産店への同行といった入居時の支援、併設する「しごと・くらしサポートステーション」による生活に関する困りごとの相談、住まいに困っている人に対する一体的な支援など。

 対象となるのは、法律で定められている定額所得者、被災者、高齢者、障害者、子どもを養育している人のほか、外国人、児童虐待を受けた人など。相談は無料(要事前予約)。

 開所時間は月曜〜金曜の午前9時〜午後6時。土曜は午前9時〜午後5時(祝日・年末年始は除く)。事務局となる市都市計画課では「開設後コンスタントに予約が入ってきている。今後も、市民の住まいのお困りごとに対応していきたい」と話している。

 予約・問い合わせは同窓口【電話】042・401・8640、【FAX】042・401・8650へ。

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook