多摩版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

再エネで駅前灯す 3小学校が発電 3市と中継も

教育

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena
光のメッセージ込めた思いを発表する一小の児童たち
光のメッセージ込めた思いを発表する一小の児童たち

 聖蹟桜ヶ丘駅西口広場で12月12日、地元の小学生たちが再生可能エネルギーで発電した電気を使ったイルミネーションの点灯式が行われた。

 ESD(持続可能な開発のための教育)、SDGs(国連の持続可能な開発目標)の実践校でもある多摩第一、連光寺、東寺方の3小学校では、6年生の総合的な学習の時間にエネルギーについて学んでおり、その実践の場として、3年前から駅前でイルミネーションの点灯を行ってきた。使用している電気は、各学校で風力や水力、太陽光などで作られ、それをバッテリーに蓄電。その電気を使って、街路樹に巻き付けられた電飾に明かりが灯されている。

 点灯式当日は、多摩第一小学校は「サイエネデツクル キボウノミライ」、連光寺小学校は「エコノ チカラハ ムゲン」、東寺方小学校は「サイエネノミライ アンシンデキルセカイヘ」とLEDを使った”光のメッセージ”がお披露目され、各校の児童がそれぞれのメッセージに込めた思いを発表。カウントダウンで、街路樹に取り付けられたイルミネーションが点灯された。

他市へ活動が波及

 この取り組みが、今年は調布市や三鷹市、武蔵野市にも広がり、当日は各市の点灯式を映像で結び、ユーチューブで中継された。

 多摩第一小学校の児童は「自分たちがやって灯りがついた時に感動したし嬉しかった」「自分たちの活動が周りの地域に広がって嬉しい。もっと広がってほしいし、発表を聞いて節電などの意識を高めてほしい」と話していた。
 

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

多摩版のローカルニュース最新6

赤ちゃんもママも「労わり」

赤ちゃんもママも「労わり」 社会

寺院でベビーマッサージ教室

10月21日号

来月、写真やスケッチ展

関戸地区で

来月、写真やスケッチ展 文化

10月21日号

作家と振り返る多摩NT

作家と振り返る多摩NT 文化

11月 あすまで受付

10月21日号

「持続可能な多摩」考える

「持続可能な多摩」考える 社会

来月、トークイベント

10月21日号

八王子で「自転車」美術展

八王子で「自転車」美術展 文化

11月23日まで

10月21日号

災害時役立つ調理法学ぶ

災害時役立つ調理法学ぶ 社会

11月 オンライン講座

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook