多摩版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

多摩商工会議所 「桜の街」周知し、魅力向上狙う 08年からプロジェクト

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
市内の公園に咲く、多摩のヤマザクラ
市内の公園に咲く、多摩のヤマザクラ

 多摩商工会議所が「桜の街 多摩」を広めようと取り組みを進めている。2008年に立ち上げた企画の名称は多摩桜プロジェクト。啓発を進め、街の魅力向上につなげたい考えだ。

 プロジェクト設立の背景にあったのが、危機感。現在多摩市のある地は元々、古代より桜の名所となってきた場所で、江戸時代後期に現在の連光寺周辺にヤマザクラが植えられて以来、同地域周辺の丘陵地は桜の名所として知られるようになった。

 しかし、07年当時、新住民が増えていくなかで次第に「桜の街 多摩」という声が市内外で聞かれなくなっていたことから、危機感を覚えた当時の商工会議所の会頭がプロジェクトを企画。「桜を多摩に暮らす人々の希望のシンボルにしたい」という思いのもと、活動が始まった。

 取り組みは多岐に渡ってきた。桜の専門家らを招いたシンポジウムを開き、市民らへプロジェクトの周知を図ってきたほか、桜の名所となっている聖ヶ丘の都立桜ヶ丘公園で、ヤマザクラの種の採取会を開いたり、春に市内にある桜の名所を市民らで巡る「多摩桜ウォーク」と呼ばれる催しを開催するなどしてきた。長年、事務局として活動を見守ってきた商工会議所の渡邊剛さんは「多摩のヤマザクラの保存と育成を柱に活動してきた。活動が10年を超え、市内でも多摩のヤマザクラの周知は進んできたと思う」と振り返る。

交流生むきっかけに

 多摩桜プロジェクトは市と国内外の街との交流も生んできた。

 そのきっかけとなったのが、取り組みの柱の1つである「宇宙(そら)桜」事業だ。宇宙から帰ってきた種を育成し、再び花を咲かせる様子から命の尊さなどを学ぶ、JAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)らが実施している企画に賛同し取り組みを始めたもので、その宇宙桜の苗を分けてもらい、市内に植樹することで、関連する地域との交流を果たすことになってきた。

 これまで市内に植樹された「宇宙桜」は、岡山県真庭市の醍醐桜や、岐阜県岐阜市の高桑星桜など5種類で、現在、プロジェクトの窓口となっている商工会議所の守屋雅子さんは「機会があり、全米50州に多摩のヤマザクラの種を贈呈したこともあります。多摩桜プロジェクトは海外とのつながりも生んでくれました」と笑顔をみせる。

100年先見据え

 一方で、プロジェクトは昨年来、新型コロナウイルスの感染拡大により、予定していた催しを実施できないでいる。

 そんななかでも、守屋さんは「このプロジェクトは100年先を見据えての取り組み。焦らずに進めていきたい」と話し、今年も多摩のヤマザクラの種を採取し、苗を育てた上で市内にヤマザクラを植樹していきたいとする。そして、『桜の街 多摩』の魅力を発信し、世界の皆さんと交流を深めていきたい」と語っている。

関連イベントの一コマ。地域の交流を生んできた
関連イベントの一コマ。地域の交流を生んできた

多摩版のローカルニュース最新6

今年もやってきた

今年もやってきた 社会

多摩にツバメ飛来

4月29日号

競技カルタ、日本一に

和田中矢島さん

競技カルタ、日本一に スポーツ

世代トップの力示す

4月29日号

健康づくりの取組など紹介

健康づくりの取組など紹介 社会

市の定例記者会見

4月29日号

聖蹟で「謎解き」人気

聖蹟で「謎解き」人気 社会

周辺の商業施設で

4月29日号

「本格志向」触れ、多摩に店

「本格志向」触れ、多摩に店 社会

絨毯取り扱うカーンさん

4月29日号

「りーちゃん」の新しい家族を募集

「りーちゃん」の新しい家族を募集 社会

永山にある障害者支援所

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter