多摩版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

八王子長池公園自然館 「住民主役」に20年 地域巻き込む

社会

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
催しについて解説する田所さん
催しについて解説する田所さん

 多摩にほど近い、八王子市の長池公園自然館が今年開館20年を迎えた。住民が講師を務めるワークショップや里山保全ボランティアの活動拠点になるなど、多くの個人、団体に利用されてきたが、開館当初から管理運営を行うNPO団体は「地域住民が主役と考え運営してきました」とその方針を話す。

 開館したのは2001年。公園のなかに位置し、地域の公園ボランティアの活動拠点としての利用や、地域住民が講師を務めるワークショップのイベント会場として使用されてきた。特徴的なのが、同館ではワークショップなどで地域住民が講師となることが多いことだ。自薦や他薦のほか、職員が地域で適任者を見つけてくることもあるという。

 施設の管理運営を行うNPO法人フュージョン長池の理事長、田所喬さんは「『住民が主役』と考えてきました。盛り上げには地域の人たちをどれだけ巻き込めるかが大切と考えています」と笑顔をみせる。

「僕らがいなくても」

 そんな方針の原点になっているのが、初代理事長を務めていた富永一夫さんの言葉という。「最終的には僕らがいなくても地域がまわるように関わっていく」--というその言葉。住民を主役にしていくという考えだ。

 14年に「娘の故郷づくりができれば」と団体に加わって以来、その言葉に影響を受け、決まった人だけではなく、「より多くの人たちが活躍できる場をこの自然館につくりたいという思いでやってきました」と振り返る田所さん。同館をみんなの居場所にしていきたいのだという。

 一方で、自身も地域住民のひとりとして親子向けイベントを開催する立場になることもあるといい、「本来は皆さんを支える立場なのですが、時には。これまで少なかった親子向けイベントを開催しています」という。そして、今後については「自然環境やコミュニティづくりに、興味を持つ世代を増やしたいと思います」と語っている。

 同館へは多摩センター駅につながる京王堀之内、または南大沢駅から徒歩で25分程度。展示室や工作室のほか、会議室もある。問い合わせは同館【電話】042・678・4616。

多摩版のローカルニュース最新6

悩み続けず、連絡を

ハネダさんの電話相談

悩み続けず、連絡を 社会

5月26日号

「暮らしの場」で高齢者医療

「暮らしの場」で高齢者医療 社会

河北医療財団 天本さん

5月26日号

競技普及に貢献

市ゴルフ連盟28日は記念日

競技普及に貢献 スポーツ

5月26日号

スポーツ吹矢初心者教室

6月25日から総合体育館

スポーツ吹矢初心者教室 スポーツ

5月26日号

「8000系」30周年祝う

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook