海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

海老名FC4年生 県央大会で優勝 チーム創設初の2年連続

スポーツ

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

 市内のサッカークラブチーム「海老名FC」の4年生=写真=が10月15日、「第36回読売新聞社杯争奪県央少年サッカー大会」で栄冠を手にした。3年時に続き、2年連続での優勝は同クラブ史上初めて。

 海老名を含む県央8市の頂点を決める同大会。16チームによってトーナメント戦が繰り広げられた。

 昨年覇者の海老名FCは優勝候補の筆頭としてライバルチームから注目される中、8日に行われた初戦の小松原(座間)を1対0、2回戦の草柳(大和)を2対1で下し、準決勝へと駒を進めた。

 15日に行われた準決勝は雨が続いていたため、グラウンド環境は悪状況だったが、前半で1点先制し、これを守りきり接戦を制した。決勝の相手は強豪・SFAT(伊勢原)。チームベンチや保護者らの声援にも力がこもる中、これに応えるよう先制点をあげ前半を良い形で終えた。しかし、後半戦が始まると相手チームの必死の猛攻に耐えきれず1点を奪われ同点に。激しい攻防戦となりシーソーゲームのような試合展開で迎えた試合ロスタイム、GKとの1対1という大チャンスが訪れ、これをきっちり決めると、ゴールと同時に試合終了のホイッスルが鳴る劇的な優勝となった。

 主将を務めた渡部朔多選手は「苦しい試合が続いたけれども、2連覇のためにトレーニングしてきたので優勝できて本当に良かった。この優勝を自信に変えて、次の大会も優勝を目指して頑張りたい」と抱負を語っていた。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

開催ピンチ?

開催ピンチ? 教育

60年代の思い出求む

2月14日号

元気、東北へ届け

元気、東北へ届け 社会

 第17回チャリティコンサート

2月14日号

多職種の専門家つどう

海老名

多職種の専門家つどう 社会

海老名市医師会が研修会

2月7日号

特撮の魅力を発信

海老名市

特撮の魅力を発信 文化

2月7日号

ひまわりだけじゃない

新会館お披露目

新会館お披露目 経済

 100人収容会議室も

2月7日号

防災シンポジウム

防災シンポジウム 社会

9日午後、綾瀬で

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク