海老名版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

市消防団第8分団 座間、綾瀬と合同訓練 県操法に向け切磋琢磨

社会

 神奈川県消防操法大会に出場する海老名市消防団第8分団(柏ケ谷・東柏ケ谷1丁目〜6丁目)が6月30日、座間・綾瀬代表の消防団と合同訓練を座間市消防本部で行った=写真。

 これは県消防協会高座支部合同訓練会として初実施。緊張感が漂う中、各代表チームがポンプ車操法の演技を行った。同支部事務局の菊池徹さんは「大会の雰囲気に慣れ、切磋琢磨してもらうことが目的。ほかの団の訓練を見る機会は少ないので、勉強にもなる」と話す。

 訓練で機敏な動きを披露した海老名市の第8分団。指揮者の大和田崇史さんは「全国出場めざして、一生懸命練習してきた成果を本番で発揮したい」と語った。同大会は7月25日(水)に県総合防災センターで実施される。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のローカルニュース最新6件

市内2企業が掲載

夏はラムネで爽やかに

県操法、8分団が出場

伝統文化の継承へ

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

「銀行強盗犯を捕まえろ」

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統文化の継承へ

伝統文化の継承へ

尺八団体が定期演奏会

7月23日~7月23日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク