海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

えびなえんぴつの会 「大人の学習の場」発足 退職教員が無料で指導

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 ボランティアが運営する自主夜間中学「えびなえんぴつの会」がこのほど発足し、不登校の学生から大人を対象にした学習の場を9月4日から毎週火曜日に提供していく。指導を行うのは退職した小・中学校の元教員たちで、科目は国語・数学(算数)・理科・社会・英語の5教科が中心。受講費無料で、学ぶ教科や教材は参加者一人ひとりの希望に応じて対応できマンツーマンで教えてもらえるのが特徴。実施場所は中新田コミセンの第1学習室、時間は午後1時から4時まで。持ち物は鉛筆・ノート・スリッパとなっている。

昼間の「夜間中学」

 「夜間中学」は学齢期(満15歳)を超えた大人に対して、公立中学校で夜間に義務教育の機会を提供する学級。戦後の混乱期に学齢期を迎えたため通学できなかった人や、卒業はしたものの不登校などでほとんど学校に通えなかったなど、様々な事情を抱えた幅広い世代の人たちの「学び直しの場」として利用されている。現在県内では横浜と川崎に設置されているものの、市内にはなかったことから、今回ボランティアの手で自主夜間中学が誕生することになった。

 発足を呼び掛けたのは、市内在住で元教員の廣田久美子さん。以前からこのような活動に興味を持ち「いつかは学習支援活動をしたい」と思っていたところ、今年6月頃に厚木にあるえんぴつの会の存在を知った。見学したところ30人近くの人が参加する様子を目の当たりにし、「ぜひ海老名でも行いたい」との思いを強めた廣田さんは、教員時代の知り合いらに声掛けを行い、賛同した11人が運営メンバーとして加わった。

 同会は「これまで教育を受ける機会を持てなかった方、もう一度勉強しなおしたいという方に、ぜひご参加いただきたい。あなたの希望に合わせた勉強方法で一緒に勉強していきましょう」と参加を呼び掛けている。

 希望者申込・問合せはは同会・廣田さん【電話】046・231・5329へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

修学旅行、実施へ調整

修学旅行、実施へ調整 教育

中3部活には独自の花道も

7月10日号

抗菌仕様フック開発

綾瀬の町工場

抗菌仕様フック開発 経済

「感染リスク減らして」

7月10日号

由緒ある延喜式内社

神社そぞろ歩き

由緒ある延喜式内社 文化

海老名市上郷 有鹿神社

7月10日号

市役所に七夕飾り

星に願いを

相武台南口商店会

星に願いを 社会

7月10日号

安全協定を締結

安全協定を締結 社会

海老名署と第一生命

7月10日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

7月8日に全館再開!

ウイルス「ゼロ」ミッションで再稼働

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店6店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

座間市立市民交流プラザ

7/25ジャズライブ、8/12~古城都の美と健康プログラム

https://zama-p.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク