海老名版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • hatena

市内児童の524作品が集結 土日は歌川広重の浮世絵展示も

文化

 市内小学生の描いた作品を集めた「児童絵画作品展」が、10月10日(水)から14日(日)の5日間にわたり海老名市民ギャラリー第1・2展示室で開催される。時間は午前10時〜午後5時(最終日のみ正午まで)。入場無料。

 この展示会は、今年度で30回を迎えるMOA美術館児童作品展の一環として実施されるもの。全国展へとつながる県・市町村での作品展が各地で開かれており、海老名では今年度が初実施となる。

 当日は、子どもたちが水彩絵の具やパステル、クレヨン、コンテ、版画・色紙など様々な材料で、描いた524作品が並ぶ。

 また、13日(土)・14日(日)には、MOA美術館が所蔵する歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」10点が展示される。浮世絵の解説セミナーも実施され、13日は午前11時〜と午後2時〜、14日は午前11時〜となっている。

 問合せは市教育委員会【電話】046・235・4919へ。

海老名版のローカルニュース最新6件

意見広告「永井浩介」

人生100年時代に対応した福祉・医療対策を!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク