海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

3年で「待機児童0(ゼロ)」へ 保育所の新設等で対応

教育

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市は待機児童数が特に多い海老名駅西口地区と市北部に重点を置いた待機児童解消のための「3カ年計画」を、7月29日に発表した。2022年までに”待機児童ゼロ”を目指す方針だという。

 市内の保育施設への入所希望者数は年々増加しており、4月1日現在の待機児童数は前年比22人増の50人。2017年の58人に次いで過去2番目に多く、喫緊の課題となっている。

 中でも再開発が進む海老名駅西口地区(待機児童数12人)は、子育て世代の転入が増えたことで保育ニーズも増加。今年10月に開園する上郷の施設以外にも保育所を誘致することで、計166人の定員増を見込むほか、公共施設等の活用を検討している。

 一方の大和・座間・綾瀬の3市に囲まれる市北部エリアは、もともと市の保育施設が少ないことに加え、1〜2歳枠に入所希望が集中。18人と待機児童が最も多かったさがみ野駅周辺では、施設の誘致や空き店舗の活用が検討されている。かしわ台駅周辺では10月にロータリー前に小規模施設が開園するほか、来年4月には既存幼稚園を認定こども園へ移行し、合わせて73人の定員増を見込んでいる。

 また、海老名駅東口地区では、中央(来年4月と10月)とめぐみ町(22年10月)で保育施設の新設が決まっており、109人の定員増となる。

 市幼稚園課は「これらにより9割(45人分)の待機児童解消となる。その他の地区でも既存施設の面積拡大や保育士配置を行っていく」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク