海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

白石っ子と交流 野球とドッジで

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 海老名と姉妹都市・宮城県白石の「交流事業」が8月16日から18日にかけて行われ、少年野球連盟の所属選手らと、えびな少年少女スポーツクラブ所属のドッジボール連盟の選手らが白石市を訪問した。

 今年で28回目を迎えた少年野球の交流事業は小学生18人が参加。現地では恒例の両市代表選手による試合が行われ、海老名チームが勝利した。また今交流大会では、海老名の女子選手・山田杏樹さんがランニングホームランを決めた。女子代表の本塁打は交流試合初の快挙となった。

 選手はホームステイでの宿泊となり、普段できない体験を通じて、夏休みの思い出を作った。10月には白石代表が海老名にやってくる。

 一方のドッジボールチームは、同クラブに所属するサッカーやバスケなど巡って訪問しているため、10年ぶりの出番。野球同様、小学生24人が参加し試合を行った。またスポーツ以外にも、バーベキューなどで白石の子どもたちと共に汗を流し楽しんだ。別れを惜しみながらも「また大会で会おう」などと約束を交わし、交流を深める姿が見られた。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

さくら百華の道に春

座間の名所

さくら百華の道に春 文化

開花リレーがスタート

2月21日号

屋内型イベント綾瀬市自粛方針

総合計画、総仕上げへ

座間市当初予算案

総合計画、総仕上げへ 社会

一般会計、過去最大規模に

2月21日号

議会日程

議会日程 政治

2月21日号

化学防護服で初の出動

海老名市消防

化学防護服で初の出動 社会

不審物除去で一時緊張

2月21日号

20年続く支援

20年続く支援 社会

ソロプチミストあやせ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク