海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

海老名市長選挙 N国、立花氏が立候補へ 現職・新人3氏の争いか

政治

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
埼玉県庁で記者会見に応じる立花氏(28日)
埼玉県庁で記者会見に応じる立花氏(28日)

 「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志氏(52)は、10月28日に行った本紙取材に対し、11月3日告示・10日投開票の海老名市長選挙に立候補する意向を示した。同市長選には現職の内野優氏(64)と新人の氏家秀太氏(52)が立候補の意向を示している。   (10月29日起稿)

 立花氏は大阪府内の高校を卒業した後、NHKに入局。2005年に退職し、フリージャーナリストとして活動。13年にはNHKの集金人トラブルを解決するため、「NHKから国民を守る党」を設立した。15年には船橋市議会議員選挙で初当選し、今年7月には参議院議員選挙で当選。その後、この職を辞し、10月27日に投開票があった参議院埼玉選挙区の補欠選挙に出馬したが落選した。

 翌28日に行われた記者会見内で、立花氏は海老名市長選挙に立候補する意向を改めて表明。「(NHKから国民を守るため)首長選がある場所にはどんどん出ていきたい。当選すれば任期満了まで辞めない」と出馬理由を説明した。また、市長選に対する本紙取材には「NHK受信料を未払いの契約者に年間5万円の助成金を給付と、市役所職員の給与を2倍にする。ごみ有料化については、市民の意見を集め、多数決のもと進めていきたい」と話した。
 

2019年 海老名市長選挙【タウンニュース政治の村】

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2019/ebina-shicyou.html

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

7月12日投開票

7月12日投開票 政治

綾瀬市長選

2月28日号

出場を報告

出場を報告 スポーツ

相模・門馬監督ら

2月28日号

住みやすいまちへ前進

海老名市当初予算案

住みやすいまちへ前進 社会

一般会計3年連続過去最大

2月28日号

市の個性、確かな強みに

綾瀬市当初予算案

市の個性、確かな強みに 政治

厚木基地、外国人と「共生」へ

2月28日号

青少年表彰3人が受賞

海老名市一部イベント中止

5選手が全国へ

座間

5選手が全国へ スポーツ

ソフトテニス

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク