海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

相鉄ローゼン国分寺台店 来年1月に閉店へ 惜しむ声、不安の声も

経済

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
閉店の張り紙をスマホで撮影する利用客=15日
閉店の張り紙をスマホで撮影する利用客=15日

 新興住宅街で半世紀にわたり親しまれてきた総合スーパー「相鉄ローゼン国分寺台店」が、来年1月末で閉店することがこのほどわかった。高齢化が進む地元では閉店を惜しむ声が上がる一方、閉店後の買い物に不安が広がっている。

 同店は、綾瀬市綾西のバザール商店街に1971年にオープンした。周辺の住宅街は「100万平方メートルの街づくり」を標榜して68年に相鉄グループが開発に着手。70年代にかけて海老名市側から綾瀬市側にかけて宅地化が進み、交通インフラと買い物の便利さを求め若い世代の人口流入が進んだ。

 海老名市国分寺台と綾瀬市綾西には合わせて3845世帯9041人(11月1日現在)が住み、住宅街北側に相鉄ローゼン海老名店、綾西地区に国分寺台店がある。

 国分寺台店の閉店はすでに従業員に伝えられ、今月14日には閉店の案内が掲示され「1月27日」の閉店が発表された。相鉄ローゼン株式会社(横浜市西区)は11日、本紙の取材に「周辺環境の変化でここ10年ほどは厳しい経営状況が続いた。店舗の老朽化もあり閉店を決めた。閉店後は移動販売を検討しており、詳細が決まり次第お知らせしたい」と説明した。

 地域に住む70代の男性客は「突然のことで驚いた。学生の頃から利用してきたので寂しい。経営が厳しいことがわかっていれば地域としてできることもあったのに」と閉店の知らせに落胆する。70代の女性客は「歩いてくる高齢者が多いので買い物難民が増えないか心配」と、閉店後の影響を心配していた。

超高齢化地域

 綾瀬市綾西地区の人口は3530人。このうち65歳以上が40・7%(市平均27・5%)を占め、75歳以上の割合も27・1%(同14・5%)と他の地域と比べて高い。

 一方で今年10月には地域内交通の再生技術を開発する「グリーンスローモビリティ」の実証実験が始まるなど、高齢化した新興住宅地の再生と活性化策も進んでいる。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

2月以降に本格化へ

ワクチン3回目接種

2月以降に本格化へ 経済

自治体、年末にかけ準備佳境に

11月26日号

用地取得が白紙に

綾瀬市道の駅整備

用地取得が白紙に 経済

開業時期、見通し立たず

11月26日号

テレワーク施設に改修

座間市商工会本館

テレワーク施設に改修 経済

創業準備の場にも

11月19日号

来年1月に閉店へ

相鉄ローゼン国分寺台店

来年1月に閉店へ 経済

惜しむ声、不安の声も

11月19日号

駅前の再整備が完了

座間駅東口

駅前の再整備が完了 社会

「ざまにわ」オープン

11月12日号

ネット投票を呼びかけ

公共建築グランプリ

ネット投票を呼びかけ 社会

海老名、座間、綾瀬の3施設も

11月12日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

寛ぎの1日1組貸し切り家族葬式場「ゆかりえ」

https://www.fujimishikiten.co.jp/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店5店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

https://kato-koumuten.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook