海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 介護職員の定着率を高めるには 海老名の特養が調査研究

社会

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena
研究チームのメンバー(左から、佐藤亜美さん、作山周平さん、佐藤北斗さん、竹本一貴さん)
研究チームのメンバー(左から、佐藤亜美さん、作山周平さん、佐藤北斗さん、竹本一貴さん)

 海老名市河原口の特別養護老人ホーム「さつき」(運営:社会福祉法人ケアネット)では、介護職員の定着について継続的な調査研究を行っている。

 介護職員の一年間の離職率の全国平均は15.4%(2018年調査)で、全産業の14.6%よりやや高い。一方で「さつき」は離職率が10%にとどまっていることから、その背景の分析調査を通して業界全体の定着率向上につなげたいと2019年に施設内でチームが発足した。

 調査では、施設職員26人に「さつき」で働く理由をアンケート形式で回答を得た。すると回答の結果、「立地」「給与」に次ぎ「人間関係が良好」が理由として挙がったという。

 研究チームでは、この調査結果を今年オンライン開催された「かながわ高齢者福祉研究大会」で発表。法人としては初となる優秀賞に輝き、カテゴリー別でも最高得点を得た。

 チームでは今後、「職場の人間関係を良好にするためには」とのテーマで研究を続けていくという。

 「かながわ高齢者福祉研究大会」は、施設職員による実践や高齢者福祉にかかわる取り組みの発表を通し、県の高齢者福祉の最前線を発信することを目的に、神奈川県社会福祉協議会や老人福祉施設協議会が中心となって毎年実施している。今回は、さつきのほか、特別養護老人ホーム栗原ホーム(社会福祉法人敬心会)、えびな南高齢者施設(社会福祉法人中心会)が優秀賞を受賞した。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

聴覚障害者との接し方を学ぶ

聴覚障害者との接し方を学ぶ 社会

1月28日 総合福祉会館で

1月21日号

マンホールカードを配布

マンホールカードを配布 社会

えび〜にゃハウスで

1月21日号

夢乗せて「出発進行」

座間市「双龍」

夢乗せて「出発進行」 社会

コロナ禍逆手に宴会場を改造

1月21日号

節分そばの準備着々

節分そばの準備着々 社会

座間市蕎麦商組合

1月21日号

大人の仲間入り祝福

大人の仲間入り祝福 社会

座間市障害者団体連合会

1月21日号

冬空に響く和太鼓の音

冬空に響く和太鼓の音 社会

ふたば愛子園

1月21日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook