神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

【Web限定記事】 介護職員の定着率を高めるには 海老名の特養が調査研究

社会

公開:2021年12月24日

  • X
  • LINE
  • hatena
研究チームのメンバー(左から、佐藤亜美さん、作山周平さん、佐藤北斗さん、竹本一貴さん)
研究チームのメンバー(左から、佐藤亜美さん、作山周平さん、佐藤北斗さん、竹本一貴さん)

 海老名市河原口の特別養護老人ホーム「さつき」(運営:社会福祉法人ケアネット)では、介護職員の定着について継続的な調査研究を行っている。

 介護職員の一年間の離職率の全国平均は15.4%(2018年調査)で、全産業の14.6%よりやや高い。一方で「さつき」は離職率が10%にとどまっていることから、その背景の分析調査を通して業界全体の定着率向上につなげたいと2019年に施設内でチームが発足した。

 調査では、施設職員26人に「さつき」で働く理由をアンケート形式で回答を得た。すると回答の結果、「立地」「給与」に次ぎ「人間関係が良好」が理由として挙がったという。

 研究チームでは、この調査結果を今年オンライン開催された「かながわ高齢者福祉研究大会」で発表。法人としては初となる優秀賞に輝き、カテゴリー別でも最高得点を得た。

 チームでは今後、「職場の人間関係を良好にするためには」とのテーマで研究を続けていくという。

 「かながわ高齢者福祉研究大会」は、施設職員による実践や高齢者福祉にかかわる取り組みの発表を通し、県の高齢者福祉の最前線を発信することを目的に、神奈川県社会福祉協議会や老人福祉施設協議会が中心となって毎年実施している。今回は、さつきのほか、特別養護老人ホーム栗原ホーム(社会福祉法人敬心会)、えびな南高齢者施設(社会福祉法人中心会)が優秀賞を受賞した。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

”拳闘(ボクシング)術”を伝授

座間警察署

”拳闘(ボクシング)術”を伝授

署員47人が参加

5月24日

初の問責決議案

初の問責決議案

綾瀬市議会

5月24日

50周年の節目を祝う

50周年の節目を祝う

綾瀬ロータリークラブ

5月24日

兄弟で全国へ

海老名市今福さん

兄弟で全国へ

卓球県代表として

5月24日

歴史を学ぼう

歴史を学ぼう

ガイド養成講座

5月24日

「共に学ぶ」推進へ初会議

「共に学ぶ」推進へ初会議

6月に市民向け対話集会

5月23日

さがみ愛子園・ふたば愛子園

6月から未就園児親子プログラム開催!ECCの授業が無料で受講できます

https://rarea.events/event/153611

さがみ愛子園・ふたば愛子園

6月から未就園児親子プログラム開催!ECCの授業が無料で受講できます

https://rarea.events/event/153611

記念硬貨・金貨・銀貨高価買取中!

海外ブランド品、腕時計など、まとめてお見積りOK!

https://r-hibarigaoka-otakaraya.net/items/coin.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook