神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

座間市長選 佐藤氏が出馬表明 「共創を活性化、関係人口増を」

政治

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
出馬の意欲を語る佐藤弥斗氏
出馬の意欲を語る佐藤弥斗氏

 任期満了にともなう座間市長選挙(9月15日告示・同22日投開票)で、現職の佐藤弥斗市長(54)=1期=が27日、同選に無所属で立候補する意向を表明した。座間市長選挙への出馬表明は佐藤氏が初めて。

 座間市役所で定例会見を開いたこの日、佐藤氏の後援会が正午からハーモニーホール座間で出馬表明の記者会見を開いた。この席で佐藤氏は、「これまで公約の実現に向けて歩みを進めてきた。実現半ばのものや市長就任後に新たに課題だと感じたことも含め、2期目に取り組みたい」と述べ、再選への意欲を語った。市民や企業団体などとの「共創」で地域課題を解決することに加え、2期目は新たに「関係人口を増やす施策を強化したい」とした。

 4年前に現職を破り初当選した際に掲げた公約42項目のうち、佐藤氏は「7割にあたる30項目は実現できた」と総括。「もっとも時間を要すると考えていた小児医療費の助成拡大は18歳まで無料にできた」「実現できなかった項目は、私と職員の間で問題意識にずれが生じているものもあった」「財政面で優先順位をつけてきたが厳しい部分もあった」などと振り返った。

 前日の静岡県知事選挙や2期目を目指す現職が破れた19日の小田原市長選挙について記者から問われると、「政治と金の問題の影響があった。国民の皆さまは、しっかりとした志をもち誠実に進んでいく政治家を望んでいると感じた」と、受け止めを述べた。

 12年ぶりの投票となった前回2020年の座間市長選挙は、佐藤氏が約5千票の差をつけて4選を目指す現職の遠藤三紀夫氏に勝利した。投票率は45・0%で、当日の有権者数は10万9085人だった。今年3月1日時点の選挙人登録者数は11万559人。任期満了日は2024年9月30日。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

初公開資料を展示

海老名市

初公開資料を展示

発掘調査10年の成果発表

7月19日

綾瀬の工場群、扉を開く

綾瀬の工場群、扉を開く

4地域で体験企画

7月19日

橘川氏、新人4氏の争い制す

綾瀬市長選挙

橘川氏、新人4氏の争い制す

下馬評覆し、組織力で初当選

7月12日

暑さ避ける対策を

熱中症

暑さ避ける対策を

昨年は7月末にかけ急増

7月12日

タイ古式で世界準V

海老名市在住柴田佳穂さん

タイ古式で世界準V

技術と表現力が評価

7月5日

戦前の道づくり図面展示

戦前の道づくり図面展示

旧座間村の「加藤家文書」

7月5日

海老名創業塾

そうだ!海老名で創業しよう。海老名にはチャンスが広がっています!

http://ouentai.ecci.or.jp/?p=2721

緑のある暮らしをサポート

剪定・刈込・伐採など植木のお手入れ承ります!

https://ueki-ya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook