伊勢原版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

学生が初めて主催する日本ビーチバレー連盟公認大会を企画した 中村彩羅(さいら)さん 板戸在住 21歳

コートの外でも全力プレー

 ○…産能大学の3年生。女子ビーチバレー部に所属し、昨年の大学選手権では準優勝した。選手として活躍を続けるなか、日本ビーチバレー連盟公認の大会を12月18日、学生として初めて同校で開催する。「ビーチバレーの魅力や迫力を多くの人に感じてほしいですね」。大きな声と屈託ない笑顔が印象的だ。

 ○…茨城県に生まれ、小学生でバレーボールを始めた。当時から「やると決めたらとことんやる」性格で、夢中で練習に打ち込んだ。小学3年で全国大会出場、中学では県選抜に選ばれた。高校は茨城の強豪校へ。セッターとして春高バレー、インターハイに出場した。高校時代は寮生活をしながら、思い切りバレーに打ち込み「やり切ったという気持ちが強くなった」という。悩んだ末、以前から関心のあったビーチバレー転向を決めた。産能大が初めて実施したセレクションを受け、今に至る。

 ○…20歳を迎えた昨年、「自分を成長させてくれたバレーボールをもっと多くの人に知ってもらいたい」と思うようになった。その手段として自分で大会を開こうと決意、スポンサー探しは自分の足で、企業や商店をとことん駆け回った。「バイト先にも声をかけたんですよ」と元気な声で振り返り、決して苦労話はしない。そんな人柄に多くの協力が集まった。大会にはプロ選手も出場を快諾、もちろん自身もコートに立つ。

 ○…現在は、来年の大学選手権にむけて週6回の練習に汗を流している。「今年は出られなかった大会。最終学年は絶対に逃したくない」。卒業後を尋ねると「私は何かを企画することが好きだと思うので、広告業界で働きたい」と回答。そしてこう付け加えた。「社会人になっても選手を続けながら、バレーの大会や競技の普及を支援できたら言うことないです」―。今大会はその第一歩になる。
 

伊勢原版の人物風土記最新6件

石川 孝子さん

水彩画はなみずき会の代表を務める

石川 孝子さん

3月16日号

中野 菊夫さん

伊勢原混声合唱団の会長を務める

中野 菊夫さん

3月9日号

佐伯 妙有(みょうゆう)さん

伊勢原市仏教会の会長に就任した

佐伯 妙有(みょうゆう)さん

3月2日号

小川 純司さん

神奈川県青少年育成活動推進者表彰を受賞した

小川 純司さん

2月23日号

落合 順子さん

市立図書館で朗読体験連続講座の講師を務める

落合 順子さん

2月16日号

越水 真理さん

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める

越水 真理さん

2月9日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク