伊勢原版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

今月25日に行われる「第21回伊勢原市グラウンド・ゴルフ大会」を準備中 小島 利明さん 市グラウンド・ゴルフ協会会長 74歳

健康広めるこの笑顔

 ○…高齢者向けのスポーツとして注目されるグラウンド・ゴルフの大会が今月25日、総合運動公園で開催される。大会を主催する市グラウンド・ゴルフ協会の会長として準備に奔走中。元々自身も選手として出場していたが、今回は県内から800人以上が参加するため、裏方として大会を支える。だが「準備も楽しい」とにっこり。身振りを交えた大きな声が印象的だ。

 ○…グラウンド・ゴルフは、ボールをクラブで打ってホールポストと呼ばれる輪の中に運びその打数を競う。1982年に鳥取県で始まり、全国に普及していった。競技を始めたのは53歳の時。当時市内で珍しかったクラブチームを有志で作り、「スポーツ好きの血が騒いで」瞬く間にのめり込んだ。クラブ設立と同時期に発足した県協会にも参加、今も競技愛好家にルール指導などを行う。また、おととしから会長を務める市の協会でも競技の普及に尽力する。

 ○…横須賀出身。高校ではかねてより関心のあった電気製品の設計や製図を学び、卒業後は電線設計などを行う会社に就職した。社内にあった野球チームに所属、常にスポーツととなり合わせだった。伊勢原との縁は40年ほど前から。会社の移転がきっかけだった。これまでグラウンド・ゴルフ協会のほか、市野球協会の理事を務めるなど伊勢原での活動はさかん。現在は秦野市に妻と2人で暮らすが「伊勢原はとても愛着のあるまち」と話す。

 ○…63歳で会社を退職、今は県協会の会長としても忙しい毎日を送っている。グラウンド・ゴルフのクラブチームは今や市内に5つ、競技人口は300人を超えた。「生涯スポーツとしてもっと普及させる」のが会長としての抱負。「楽しく健康になれるのがグラウンド・ゴルフです」と競技の魅力を語るその表情を見てこっちまで笑顔になった。
 

伊勢原版の人物風土記最新6件

落合 順子さん

市立図書館で朗読体験連続講座の講師を務める

落合 順子さん

2月16日号

越水 真理さん

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める

越水 真理さん

2月9日号

藤原(ふじはら) 京子さん

伊勢原聖書キリスト教会でゴスペルクワイアを立ち上げる

藤原(ふじはら) 京子さん

2月2日号

半田 真一郎さん

県バスケットボール協会専務理事として神奈川県体育功労者表彰を受賞した

半田 真一郎さん

1月26日号

志村 功さん

1月1日付で伊勢原市観光協会事務局長に就任した

志村 功さん

1月19日号

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

神戸青年会の会長を務める

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

1月12日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク