伊勢原版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

10月8日から13日まで、高森の「桂花楼」で写真展を開催する 廣田 達也さん 三ノ宮在住 30歳

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena

地元の魅力 カメラで追う

 ○…フリーカメラマンとして三ノ宮を拠点に活動する。24歳の時、かつて暮らした豪州に渡り撮影のイロハを学んだ。帰国後は結婚式の撮影や英語を生かして外国人相手の仕事もこなす。今年5月には客船ツアーに同行。虹のかかった硫黄島をとらえ、これがジャーナリスト青山繁晴氏の著書「死ぬ理由、生きる理由 英霊の渇く島に問う」(ワニプラス)に掲載された。「すべての仕事に感謝。もっと写真の腕を磨きたい」と前向きだ。

 〇…三ノ宮に生まれた。三浦知良選手にあこがれ、比々多小でサッカーを始めた。中学まで競技を続けたが、伊勢原高校に進むと一転、アルバイトをして貯金を開始。「10代でブラジルに渡ったカズさんを見て海外に興味がわきました」。皿洗いで渡航費をため、高1の冬に独りグアムへ。関心はますます海外に向き、卒業後はワーキングホリデーを利用して1年間豪州で生活。成人を機に臨んだ世界一周ではおよそ30カ国をまわった。旅の道中で撮りためた写真を友人に褒められ、これがカメラマンを志すきっかけになった。

 〇…各国の歴史や文化にふれるたび、郷土心が強まっていく気がしたという。そんな心境の変化もあってか、昨年から市民リポーターを務め、市広報に記事を執筆。今年からは地元消防団にも所属し、地域の防災に貢献している。「やはり地元が好きですね。伊勢原の良さを写真で発信していきたいという思いが日に日に強くなりました」

 ○…そんな折、高校時代のアルバイトが縁で、写真展を開くことに。高森にある「桂花楼」の2階客室を借り、15点ほどを展示する。田園風景や桜、聖峰から望む花火大会、神輿を担ぐ男の雄姿や幼児のやわらかい表情など、「住み慣れた風景に浮かぶ魅力」が並ぶ。「伊勢原を色々な角度から楽しんでほしいですね」。ファインダー越しに見つめたふるさとは、どれも美しさと温かみがあった。

伊勢原版の人物風土記最新6

名桐 一男さん

オンライン市民活動ウィークを開催するアイサポの代表を務める

名桐 一男さん

下平間在住 64歳

3月5日号

鈴木 梨沙さん

伊勢原大山 阿夫利山荘鹿肉カレーのパッケージをデザインした

鈴木 梨沙さん

東海大学教養学部3年 21歳

2月19日号

錦織 勝さん

いせはらシティプロモーション公認サポーターや市青少年指導員として活動する

錦織 勝さん

日向在住 56歳

2月5日号

平戸 千恵子さん

市が配信するエコ・クッキング動画で講師を務め、出演している

平戸 千恵子さん

西富岡在住 61歳

1月15日号

松永 喜恋(きこ)さん

2021年成人式実行委員会の実行委員長を務める

松永 喜恋(きこ)さん

大住台在住 20歳

1月8日号

中村 こずえ さん

伊勢原青年会議所の第44代理事長に就任した

中村 こずえ さん

沼目在住 39歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク