伊勢原版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

景観と地域づくりのシンポジウムを3月8日に開催する「雨岳自然の会」理事長 吉羽 雅昭さん 岡崎在住 72歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

学ぶきっかけ作りへ

 ○…「『伊勢原っていいね』どうしたらそう思って貰える住み良い街になるのかをみんなで考えたい」。シンポジウムでは、自然や歴史をはじめ、生活や都市活動、今後完成する広域幹線道など、様々な景観を踏まえて、市民による景観・地域づくりを考える。パネルディスカッションには地域の若者を起用。先達を大事にしながらも「これからの伊勢原を作る若い人の声を聞きたい」と笑顔で話す。

 ○…東京農業大学の名誉教授で専門は土壌学や肥料学。実は生まれは東京都中央区「土の無いところ」で生まれた。東京農業大学へ進学したのは「近かったから」と笑う。しかし3年生で土壌調査に訪れた全国の戦後開拓地で、厳しい農業の現実を目の当たりにし、自分の恵まれた環境を反省。少しでも役に立ちたいという気持ちが勉学に繋がった。大学卒業後は研究室に入り、98年に教授に。東京農業大学第一高等学校の校長も務めた。中等部の校長時代に掲げたのは『知耕実学』。「夢を見つけることが大切。それがエネルギーになり、学ぶきっかけになります」と話した。

 ○…伊勢原に住んで50年。大学のオープンカレッジをきっかけに「雨岳文庫」の活動に参加。派生する形で自然環境の保全を通じた環境教育や街づくりを行う「雨岳自然の会」が発足し、初代理事長となった。食育を通じた次世代教育に力を入れるだけでなく、社会教育にも注力。「さまざまなものが進んでいる世の中、『便利=緑が無い』ではありません。自分たちに何ができるかを考えることが必要」とシンポジウムの意味も力強く話す。

 〇…趣味は旅行と読書、少々の家庭菜園だが、大学などからの協力依頼もあり、まだまだのんびりはできない。「伊勢原は環境的にも良い所。それをみんなが感じ、考えていかなければいけません。ずっとお世話になってきた伊勢原に、自分のできることで恩返しをしていきたい」と微笑んだ。

伊勢原版の人物風土記最新6

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

幾田 聡さん

商工会青年部主張大会の県大会で優勝し、9月に関東ブロック大会へ出場する

幾田 聡さん

板戸在住 36歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古代の歴史散策

参加者募集

古代の歴史散策

講演会と史跡巡り

10月20日~10月20日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク