伊勢原版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

目標の5回目 開催へ いせはら芸術花火 4月18日

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
大会公式ポスター
大会公式ポスター

 春の夜空を彩る「いせはら芸術花火大会」(主催/同実行委員会)が4月18日(土)、市総合運動公園自由広場で開催される。各種イベント・模擬店は午後1時から、打ち上げは7時を予定。「花火で伊勢原を元気にしよう」と市民有志が第1回大会を行ったのが2009年。震災などで開催が見送られた年もあったが、実行委員会が目標としていた5回目がいよいよ行われる。

 芸術花火大会は、市民による市民のためのイベントとして開かれてきた。開催にむけ実行委員会のメンバーが市や県、警察と話し合いを重ね、協賛金集めにも奔走。大会当日は一般市民や団体関係者、市職員など400人超のボランティアが会場運営にあたってきた。

 打ち上げは、内閣総理大臣賞の受賞実績を誇る(株)磯谷煙火店(愛知県岡崎市)が担当。色鮮やかな大輪が音楽に合わせて花開く「メロディ花火」は圧巻で、夜空のアートを一目見ようと毎年2万人以上が市内外から訪れる。今年も磯谷煙火店が2500発を打ち上げる予定。

 実行委員会では例年を上回る3万人の動員を見込む。実行委員会の柏木貞俊委員長は「毎年苦労の連続でしたが、『意地でも5回は続けよう』と頑張ってきました。ひとえに関係各位の皆様や協賛者様のおかげです」と感謝を述べる。

ボランティアの協力呼びかけ

 会場に隣接する専修大学の野球場・トラックがこのほど人工芝に張り替えられた。これにより今年は芝にシートを敷き、花火から芝を守ることになった。実行委員会ではシートを約200枚用意。ボランティアが手分けをしてシートを敷き、終了後は速やかに撤収。専修大の野球部員も協力する。柏木委員長は「ぜひ皆様のお力をお貸しください」と協力を呼びかけている。

 3月28日(土)にはボランティア説明会が文化会館で開かれる。午後7時から。

 問い合わせは実行委員会事務局/【携帯電話】080・2336・9807

伊勢原版のトップニュース最新6

あすから紅葉ライトアップ

大山

あすから紅葉ライトアップ 経済

ケーブル夜間運行も

11月20日号

ポップコーンで収入増へ

地域作業所ドリーム

ポップコーンで収入増へ 社会

施設内に工房オープン

11月20日号

重要無形文化財保持者に

笛演奏家福原洋子さん

重要無形文化財保持者に 文化

市内で初認定

11月13日号

3年連続関東出場へ

石田JVC

3年連続関東出場へ スポーツ

10年ぶりの優勝目指す

11月13日号

桜台小に開設

放課後子ども教室

桜台小に開設 教育

地域交流や学習の場に

11月6日号

観光活性化に向け議論

大山地区

観光活性化に向け議論 社会

民間プロジェクトが始動

11月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク