伊勢原版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

神奈川県形選手権 高橋・徳永ペアが初優勝 伊志田高柔道部 関東へ

スポーツ

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena
部の目標を達成した「取」の高橋選手(右)と「受」の徳永主将
部の目標を達成した「取」の高橋選手(右)と「受」の徳永主将

 伊志田高校柔道部(多田功監督/部員数5人)の高橋佳雅(2年)・徳永渉(同)ペアが、5月30日に神奈川県立武道館で行われた柔道の「神奈川県形選手権大会」(主催/県柔道連盟)で優勝した。両選手は8月23日に行われる関東大会にむけて稽古の毎日を送る。柔道部が今年掲げた「関東大会出場」を通過点として、2人はさらなる高みを目指している。

 この大会は、技を仕掛ける「取」と、仕掛けられる「受」の二人一組で行われる。一対一で組み合う実戦形式ではなく、決められた手順で技をかけ、受け止め、その正確さや見栄えなどが審査される。

 高橋・徳永ペアが出場した一般の部(中学生以上)「投の形」には、現役の警察官や社会人など5チームがエントリー。「背負い投げ」、「内股」、「巴投げ」など15種類の投げ技を左右の組手で各1回、計30回の演技が行われた。

 年齢も経験も上の選手たちが見守る中、高校生らしいはつらつとした演技を披露。「基本に忠実に躍動感のある投げを心がけた」という高橋選手と、「取が投げやすいような体重移動、技がより美しく決まったように見せる受け身を心がけた」という徳永選手の一体感で優勝をつかみ取った。

 2人が形の大会に出場したのは今回が初めて。形の審査が行われる昇段試験対策として多田監督が今年3月に出場を決めた。

 優勝について多田監督は「とてもうれしい。8月の関東大会、その後続く全国、世界大会まで進んでほしい」と期待している。

 体力づくりをかねて高校から柔道を始めた高橋選手は、今年4月に初段に上がった成長株。一方の徳永選手は柔道漫画をきっかけに小学2年で競技を開始。現在初段で、柔道部の主将も務めている。

 「しっかり練習して、関東大会でも結果を残したい。『伊志田に柔道部あり』を広く伝えたい」と両選手。大会での躍進が部員増加につながると信じ、当面は居残り練習の日々を過ごす。

伊勢原版のトップニュース最新6

理想のまち みんなで作る

緑化で関東経産局長賞

“若手の力”が集結

商工会青年部

“若手の力”が集結 経済

10日に初のPRイベント

11月1日号

日韓の中学生が交流

伊勢原平成RC

日韓の中学生が交流 社会

豆腐作りなど体験

11月1日号

開業50周年の節目

伊勢原ゴルフセンター

開業50周年の節目 スポーツ

「トラさん」がプロ育成

10月25日号

商店会でハロウィーン

商店会でハロウィーン 経済

あす26日 74店舗が参加

10月25日号

毘沙門天立像が御開帳

毘沙門天立像が御開帳 社会

神仏習合残る八雲神社

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク