伊勢原版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

旅行ガイド「ミシュラン」 大山に「一つ星」 フランスで販売開始 観光活性に期待

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
「大山阿夫利神社からの眺望」には二つ星が付いた
「大山阿夫利神社からの眺望」には二つ星が付いた

 フランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第4版に、大山が掲載された。ガイドはフランス語で書かれ、6月15日(現地時間)に欧州の仏語圏で販売が始まった。おすすめスポットを星の数で格付けするミシュランガイドは世界的に有名。市では今回の掲載を観光活性の追い風と捉え、誘客キャンペーンや外国人観光客の受け入れ態勢を強化する方針だ。

 ミシュラン・グリーンガイドは、旅をサポートする情報誌として1926年に「フランスブルターニュ編」が発行されたのが最初。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの刊行は2009年。以降、改訂を重ねながら来日する外国人観光客に広く読まれてきた。

”興味深い”と評価

 今回の第4版では「大山」に”興味深い”という評価の一つ星、「大山阿夫利神社からの眺望」に”寄り道する価値がある”という評価の二つ星がそれぞれ付けられた。星は最高で3つ。「その場所の知名度」や「美観」、「作り物ではない本物としての魅力と調和」など9つの基準で審査される。星は付かなかったものの、大山寺と大山阿夫利神社も初めて紹介。このほか県内では「江の島」が星なしで掲載されている。

 6月18日には市役所でセレモニーが行われ、庁舎の1階に掲載を祝う横断幕が掲げられた。高山松太郎市長は「星を頂いたことは大変光栄でありがたいこと。これまでの取り組みの成果」とコメントした。市では今後、大山インフォメーションセンターにも横断幕を設置するほか、市外での誘客キャンペーンなどにも力を入れていく方針だ。

 横浜、鎌倉、箱根に次ぐ第4の国際観光地を目指す大山。今年3月には、伊勢原市国際交流委員会(柏木貞俊委員長)が大山第2駐車場近くに外国人観光客むけの多言語看板を設置した。市も伊勢原駅やケーブルカーの駅周辺にある看板を英語併記に替えるなど「国際化」が進んでいる。

 市の商工観光振興課によると、正確な人数は把握していないものの、大山を訪れる外国人観光客は年々増えているという。同課の担当者は「今回のガイドブック掲載によって大山を訪れる方がさらに増えてくれれば」と話している。

 ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンは全719頁。同社のホームページからも購入できる。日本語版の刊行はない。

伊勢原版のトップニュース最新6

65年の活動に幕

伊婦連

65年の活動に幕 文化

今後は地域ごとに継続

5月29日号

高山氏が立候補表明

伊勢原市長選挙

高山氏が立候補表明 政治

コロナ、災害対策に意欲

5月29日号

郵送申請 28日から支給へ

特別定額給付金

郵送申請 28日から支給へ 政治

世帯主に書類発送

5月22日号

県協力金に10万円上乗せ

伊勢原市

県協力金に10万円上乗せ 経済

経済対策で事業者支援

5月22日号

謎解きゲームを自宅で

謎解きゲームを自宅で 社会

市職員ら企画  HPで公開

5月15日号

国交大臣表彰を受賞

成瀬活性化委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク