伊勢原版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

8月25日に文化会館で行われるドキュメンタリー映画「ひめゆり」の上映会を企画した 吉田 重雄さん 岡崎在住 72歳

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

平和を願い 地域に尽くす

 ○…太平洋戦争末期の沖縄では、まだ10代の女学生が「ひめゆり学徒隊」として兵士の看護にあたった。当時の地上戦は凄惨を極め、100人以上が米軍の銃撃や集団自決で命を落とした。あれから70年。「平和とは何か。今一度目を向けるべき時」と、長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」の上映会を仲間と企画した。「とくに戦争を知らない世代の人たちに見てほしい」と呼びかける。

 〇…「ひめゆり」との出会いは今から5年ほど前。当時、伊勢原市が主催する「平和のつどい」に関係者として携わり「映像を通じて戦争の悲劇を伝えよう」と考えた。数ある作品からひめゆりの存在を知り、さっそく映画館へ。スクリーンに映し出される証言者の生の声に衝撃と感銘を受け、作品の監督にも話を聞いた。今回の上映会を前に「自信をもってお勧めできるドキュメンタリーです」と力を込める。

 〇…旧満州に生まれ、帰国後は福岡県に暮らした。子どものころは野球をはじめスポーツが好きだったが、それ以上に楽しみにしていたのがお小遣いを貯めて行く月1度の映画館だった。「ターザンに笛吹童子、オテナの塔も大好きでした」と振り返る。高校卒業後は地元の電機メーカーに就職。その後27歳で上京し、(株)アマダに転職した。結婚は33歳の時。2人の子どもに恵まれ、伊勢原市岡崎に家を建てた。現在は妻、娘と3人で暮らしている。

 〇…60歳で定年を迎え、今はホームヘルパーとして働く。「若い時はこれといった地域活動もできなかったから」と民生委員や老人会の事務局のほか、高齢者に憩いの場を提供するミニサロンの運営にも携わっている。「私一人の力では何もできません。まわりの協力あってこそ」と頭を下げる。充実した毎日を支えるのは仲間や家族の存在であり、平和がその前提にある。今を生きる感謝と次世代への責任をかみしめ、一日一日を大切に生きる。

伊勢原版の人物風土記最新6

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク