伊勢原版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

ラグビーで地域に恩返し 専修大監督の村田氏が成瀬小で授業

スポーツ

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
ボールを手に走る子どもたちと村田氏
ボールを手に走る子どもたちと村田氏

 ラグビー界で長年活躍している村田亙氏(47歳)が10月27日・28日の2日間、市立成瀬小学校(能條公夫校長)でタグラグビーの授業を行った。村田氏は現在市内のグラウンドを練習の拠点にしている専修大学ラグビー部の監督。

 ラグビーワールドカップでの日本代表の活躍もあって、ラグビー熱が国内で高まっている。今注目のスポーツを誰でも安全に楽しめるようにした競技がタグラグビー。タックルの代わりに腰につけたタグを取り合う5人制の競技で、小学校の体育授業で教えるボールゲームのひとつとして親しまれている。

 この日、日本代表のジャージ姿で登場した村田氏は、授業冒頭で「”わたさん”と呼んでください」と自己紹介をすると、すぐに子どもたちの人気者に。後半に行われた試合では、強い風が吹くなかでも元気にボールを追いかける子どもたちの姿と、笑顔で指導する村田氏の姿が見られた。授業を受けた田中美優さんは「ラグビーはやったことがなかったけれど、面白いと思いました。わたさんに教えてもらえて嬉しかったです」と感想を話した。

 今回の授業は、専修大学ラグビー部が同大伊勢原グラウンドを拠点に練習をしている縁で実現した。市では昨年7月にも村田氏を招いたタグラグビー指導法の研修会を教職員対象に開催。今後も同大と連携していきたい考え。

 村田氏は元ラグビー日本代表選手で、7人制ラグビー日本代表の監督経験もある。ヤマハ発動機ジュビロ在籍時は、ワールドカップで注目を集めた五郎丸歩選手ともプレーしていた。現在は指導者として活躍している。2日間で3年生4クラスの授業を行った村田氏は、「とても楽しかった。今後もラグビーを通して地域に恩返しをするとともに、ラグビーの普及に貢献していきたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 コミュニティ社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

12年に1度の稚児行列

日向薬師

12年に1度の稚児行列 文化

寅年の4月例大祭で開催

1月1日号

発展に向け新たな一歩

発展に向け新たな一歩 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook