伊勢原版 掲載号:2016年1月8日号 エリアトップへ

都会がうらやむ“いい田舎” 伊勢原PRロゴ 投票で決定

政治

掲載号:2016年1月8日号

  • LINE
  • hatena
採用されたデザインを持つ市職員
採用されたデザインを持つ市職員

 まちの魅力を発信する取り組み「シティプロモーション」のロゴマークが、12月下旬に決まった(=写真)。デザインは県のシルエットに伊勢原の「伊」が書かれ、ご当地を代表する大山、大山こま、梨、とうふが描かれる。キャッチコピーの「なかなか」は「県のほぼ真ん中」、「いいなか」は「都会がうらやむ”いい田舎”」を意味している。

 市広報広聴課によると、伊勢原市の人口は2012年に初めて減少し、22年には9万7千人程度になることが予測されているという。

 人口減少によるまちの活力減退、ひいてはまちの消滅を防ごうと、市は多くの人や企業などに選ばれるまちづくりの一環として、シティプロモーション活動に力を入れている。市公式キャラクター「クルリン」のゆるキャラグランプリ参戦や、映画・テレビのロケ誘致を目指す「いせはらフィルムコミッション」の支援などはその具体例。

 ロゴマーク策定にあたっては広告代理店の(株)小田急エージェンシーが作成した5案が市民に示され、市内の中学・高校、市役所、公民館、市ホームページなどで投票が行われた。

 投票総数は6600票を超え、採用作品は全体の26%にあたる1721票を集めた。さらに中学、高校では5作品のなかでそれぞれ最多得票を記録するなど10代から高い支持を受けた。

 その一方で、「いなか」というキャッチコピーに不快感を示す声もある。「地元で生活していることに誇りを持っているが、そこを『田舎』と呼ばれるのはちょっと」と話すのは大山在住の60代男性。

 こうした声に「自然が豊かな伊勢原、魅力あふれる伊勢原という意味合いをお伝えしていければ」と同課担当者。市では今後、ロゴマークを各種イベントやグッズ、広報など印刷物に活用し、周知を図っていく。

伊勢原版のトップニュース最新6

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

添田重樹さんが優勝

JOC水泳競技大会

添田重樹さんが優勝 スポーツ

100m背泳ぎで

9月3日号

K-1の舞台に挑む

谷山俊樹選手

K-1の舞台に挑む スポーツ

4年半ぶりの出場へ

9月3日号

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook