伊勢原版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

伊勢原協同病院8代目の病院長に就任した 井上 元保(もとやす)さん 横浜市在住 52歳

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

地域医療に尽力

 ○…「地域に根差し、支えられてきた病院。これからも地域に密着し、地域で完結する医療を提供していきます」。4月1日付で8代目となる伊勢原協同病院の病院長に就任した。同院は1968年に伊勢原町立国保病院がJA神奈川県厚生連に移管されて誕生。以来半世紀、市民病院的な役割を担ってきた。現在は24の診療科を備え、地域の2次救急医療機関として機能する。「1次から3次までの医療機関がある伊勢原市。連携し地域医療を支えていきたい」と話す。

 ○…東京都生まれ。慶應義塾高校から慶應義塾大学医学部へ進学した。中学はバドミントン、高校で軟式野球、大学では医学部体育会ラグビー部に所属。元々スポーツが好きだったが、体が小さく、体作りの勉強を始めたことが医学の道に進むきっかけとなった。「ラグビーの合言葉、ワンフォーオール・オールフォーワンは協同組合の精神と同じ。仲間を大事にチームで動かなければ機能しない。病院と似ています」と話す。

 ○…大学卒業後は同院のリハビリテーション科を経て整形外科へ入局。栃木や群馬、横浜などの病院に勤務し、整形外科医としての技術を積み重ね、2003年に伊勢原協同病院の整形外科医長となった。治療後の「ありがとう」の言葉と笑顔が何よりの励みになるという。「本当に困ったときに医療を提供する体制づくりを進めていきたい」と話した。また今後は公開講座や講師の派遣、情報発信にも力を入れる。

 ○…今でも体を動かすことが好き。日曜日は筋トレ、5年前からはキックボクシングジムで週1〜2回汗を流す。「終わったときの爽快感が嬉しい」と笑顔。試合ではリングドクターを務めることもあるという。また家族での旅行もリフレッシュのひとつだ。「医師には体力も必要。職員一丸となって信頼され、愛され、選ばれる病院になれるように努力していきます」と力強く話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

谷亀 泰さん

写友クラブの会長を務める

谷亀 泰さん

東成瀬在住 72歳

12月3日号

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook