伊勢原版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

第40回鈴川まつりを主催する伊勢原工業団地協同組合の理事長を務める 海老沼 俊昭さん (株)常磐製作所総務部部長 71歳

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena

地域に優しい工業団地に

 ○…工業団地の鈴川会館前駐車場で8月26日に開催される鈴川まつり。地域住民との交流企画も今年で40回目を迎えた。節目となる今回、会場では樽酒がふるまわれ、餅つき大会の餅も例年以上に多く配るという。「近隣の方に喜んでもらえるよう、加盟企業44社の力を合わせたい」。今年5月に伊勢原工業団地協同組合の理事長に就任して以来初となる大仕事に、気を引き締める。

 ○…生まれは栃木県。大自然と海の見えるまちに憧れを抱き、大学進学とともに北海道の小樽へ。ラグビー部に入部し、心身を鍛え上げた。OBの誘いもあり、卒業後は三菱重工へ入社。37歳の頃には経理担当としてオランダで子会社創業に関わった。「変動する社会の中、経営計画を達成するのがやりがい」と微笑む。20年前に(株)常磐製作所へ出向。現在も総務部部長を務める。先代社長の引退後、代わりに組合へと顔を出すように。研修会やスポーツ大会を開き、事業者同士の交流に一役買った。理事長就任には「順番が回ってきただけ。みんなで相談して物事を決めていきたい」と柔らかな口調で語る。

 ○…仲間とのゴルフが大きな楽しみ。過去最高スコアは78の腕前。今でも時折、三菱重工の後輩たちの活躍を見にラグビー場へ足を運んでいる。「仕事も大変なことがたくさんあるけど、ラグビーの過酷な練習に比べたらね」。優しい笑みを浮かべながら、青春時代を振り返る。

 ○…組合は6年後に設立50周年を迎える。「50年、60年と続いていくには、構成会社の協力が必要」と話す。組合員同士で団結して、まずは鈴川まつりの成功をめざす。歩道の老朽化、団地の緑化などハード面の課題もある。「守られていればいいというのではなく、積極的な環境整備ができれば。緑のある優しい工業団地にしたい」。地域住民や事業者にとってよりよい団地となるため、リーダーとして耳を傾けていく。

伊勢原版の人物風土記最新6

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

大山で登山初心者への声掛けや清掃活動をする

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

沼目在住 39歳

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook