伊勢原版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

「平穏で順調な年」 大山阿夫利神社で筒粥(つつがゆ)神事

文化

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena
神職が豊凶を占う米粒を数える
神職が豊凶を占う米粒を数える

 大山阿夫利神社(目黒仁宮司)で1月7日、江戸時代から続く『筒粥神事』が行われた。竹筒ですくった粥で、一年の農作物の豊凶や天候などを占うもので、結果は関東一円の大山講信徒により農業従事者らに配布される。

 筒粥神事は大山の神饌田で収穫されたお米で神職が粥を炊き、18本の竹筒ですくった米粒の数で農作物の出来を占うもの。江戸時代から続く神事で、古くから農業従事者の作付目安になっていたという。

 竹筒には各々、「あわ」や「ひえ」、「そば」「わた」「たばこ」などの農作物の名が記され、米粒の下一桁の数で判断される。数字は9が最良、0が最も不良とされる。

 当日は、神職による祝詞が奏上されると、集まった参拝者を前に、2人の神職が交互に小さな竹筒を使って壷から粥をすくい、崩れていない米粒の数を丁寧に数えて、大きな声でその数字を読み上げていった。

 すべての結果を受けて、目黒宮司は「春先は少し暖冬気味で、夏の暑さも注意しなければいけないが、お米類に悪い数字がなく、一年を通じて順調で平穏な年になるのでは」と総括した。

 この結果は筒粥表としてまとめられ、大山講信徒を通じて農業従事者などに配布される。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

電子図書館を開設

伊勢原市

電子図書館を開設 社会

24時間貸出・返却可能に

10月15日号

2年ぶりに幽玄な舞

大山

2年ぶりに幽玄な舞 文化

能楽殿で火祭薪能

10月15日号

eスポーツの拠点 開設

竹内型材研究所

eスポーツの拠点 開設 経済

加工見学や試遊体験も

10月8日号

初の秋季関東大会へ

向上高校硬式野球部

初の秋季関東大会へ スポーツ

目標は春のセンバツ出場

10月8日号

2回目接種 5割超え

新型コロナワクチン

2回目接種 5割超え 政治

65歳以上は約9割

10月1日号

市内2団体が受賞

国土交通大臣表彰

市内2団体が受賞 社会

「みどりの愛護」功労者に

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook