伊勢原版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

7月に行われた「2017さわやか全日本一輪車競技大会」のペア演技で総合優勝した 鈴木 ちひろさん 東成瀬在住 19歳

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena

限界のない挑戦

 ○…大会に向けて編み出した3連続の大技。しかし、成功率が低いまま大会当日を迎えることに。一輪車競技の国内最高峰とされる『さわやか全日本一輪車競技大会』。「こんなに不安な気持ちで挑んだのは今大会がはじめて」と振り返る。それでも諦めずに挑戦し、本番では不安だった連続技を含むすべての技を決めてみせた。昨年末のソロ部門優勝に続き、今回はペアでの優勝。「すごく嬉しい。自分自身の自信につながりました」と微笑む。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。小学3年生の時、憧れだったフィギュアスケートに似ていることから一輪車を始めた。「家の倉庫に眠っていた一輪車を引っ張り出して、全く乗れない状態からのスタートでした」と話す。音楽に合わせ、回転やジャンプをする一輪車競技。幼い頃から歌やダンスが好きだったため、すぐに虜になってしまったという。市内のクラブに所属してからは、一輪車中心の生活に。多い時では1日12時間乗ることもあった。「とにかくずっと乗っていたくて。嫌だと思ったことは1度もありません」と笑う。

 ○…コーチの演技に惚れ込んだことをきっかけに、中学3年生から新百合丘一輪車クラブへ。「コーチの指導のおかげで表現力がついたと思います。ただやるのでなく、何か伝える演技を心がけるようになりました」。今後は大会2連覇を目指しながら、後輩の指導もしていきたいという。「一輪車に限界はありません。新しい技や表現力を追求し続け、誰にも真似できない演技がしたい」

 ○…現在、東海大学体育学部2年生。幼児スポーツの先生をめざし、学業にも励む。憧れのコーチから影響を受けたのは演技だけでなくファッションも。こだわりの衣装は全て母親の手作りだという。「コーチを見てオシャレが好きになりました。今はメイクやネイルを研究して女子力向上中です」と今どきの女の子らしい一面も見せた。

伊勢原版の人物風土記最新6

谷亀 泰さん

写友クラブの会長を務める

谷亀 泰さん

東成瀬在住 72歳

12月3日号

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook