伊勢原版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める 越水 真理さん 岡崎在住 36歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

人のつながりを大切に

 ○…日本に関心のある海外の若者らを伊勢原に招き、ホームステイを通じて国際交流を行っている「ワールドキャンパスいせはら」。4年目となる今年最初の説明会を2月24日(土)にいせはら市民活動サポートセンターで開催する。「1週間の宿泊、朝夕の食事、活動場所への送迎などが主。ホストファミリーとして貴重な時間を過ごすことができ、とても楽しいので是非」と呼びかける。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。3人の子育てや家事、仕事、ボランティアと忙しい毎日を送る。「Challenge!国際交流in伊勢原」の立ち上げ時に誘われたのがボランティアへ参加したきっかけ。昨年11月に代表が辞任するのを機に代表に任命され、新代表として団体名を変更し新たなスタートを切った。自身もホストファミリーとして参加する。「私は英語が全然話せないけど、片言の英語と携帯で検索すればコミュニケーションは問題ない。お互いに検索しあうこともある」と明るく笑い飛ばす。

 ○…中学・高校と陸上部で走り高跳びの選手だった。中学の時あと1センチで県大会出場を逃し、その悔しさから高校でも続けることに。高校で出会った恩師から大きな影響を受けた。「『人間性を高めれば結果がついてくる。目標を高く持て』という言葉に勇気づけられた。気持ちが折れかけていた私を気にかけてくれたことが嬉しかった」と話す。それが縁で高校卒業後、伊勢原市陸上競技協会に入会。審判資格を取得し今も陸上に携わっている。「人とのつながりの大切さは今も実感している」と感謝の気持ちを忘れない。

 ○…国際交流を通じて視野を広げ、海外へ興味を持ってもらったり、外国人を受け入れて地域を盛り上げてもらうためのきっかけ作りが会の目標。「『英語を学びたい、留学したい』という声を聞くと嬉しい。」と目を細める。新たなきっかけ作りが今年も間もなくスタートする。

伊勢原版の人物風土記最新6

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク