伊勢原版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める 越水 真理さん 岡崎在住 36歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

人のつながりを大切に

 ○…日本に関心のある海外の若者らを伊勢原に招き、ホームステイを通じて国際交流を行っている「ワールドキャンパスいせはら」。4年目となる今年最初の説明会を2月24日(土)にいせはら市民活動サポートセンターで開催する。「1週間の宿泊、朝夕の食事、活動場所への送迎などが主。ホストファミリーとして貴重な時間を過ごすことができ、とても楽しいので是非」と呼びかける。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。3人の子育てや家事、仕事、ボランティアと忙しい毎日を送る。「Challenge!国際交流in伊勢原」の立ち上げ時に誘われたのがボランティアへ参加したきっかけ。昨年11月に代表が辞任するのを機に代表に任命され、新代表として団体名を変更し新たなスタートを切った。自身もホストファミリーとして参加する。「私は英語が全然話せないけど、片言の英語と携帯で検索すればコミュニケーションは問題ない。お互いに検索しあうこともある」と明るく笑い飛ばす。

 ○…中学・高校と陸上部で走り高跳びの選手だった。中学の時あと1センチで県大会出場を逃し、その悔しさから高校でも続けることに。高校で出会った恩師から大きな影響を受けた。「『人間性を高めれば結果がついてくる。目標を高く持て』という言葉に勇気づけられた。気持ちが折れかけていた私を気にかけてくれたことが嬉しかった」と話す。それが縁で高校卒業後、伊勢原市陸上競技協会に入会。審判資格を取得し今も陸上に携わっている。「人とのつながりの大切さは今も実感している」と感謝の気持ちを忘れない。

 ○…国際交流を通じて視野を広げ、海外へ興味を持ってもらったり、外国人を受け入れて地域を盛り上げてもらうためのきっかけ作りが会の目標。「『英語を学びたい、留学したい』という声を聞くと嬉しい。」と目を細める。新たなきっかけ作りが今年も間もなくスタートする。

伊勢原版の人物風土記最新6

宇佐美 隆一さん

プログラミングを学ぶ場「CoderDojo伊勢原」を5月15日に初開催する

宇佐美 隆一さん

串橋在住 67歳

5月7日号

山口 賢人さん

伊勢原市教育委員会教育長に就任した

山口 賢人さん

上粕屋在住 62歳

4月23日号

植松 宏文さん

3月22日付けで伊勢原警察署第91代署長に就任した

植松 宏文さん

警視 57歳

4月16日号

一場 哲宏さん

伊勢原青年会議所の子育てセミナーで講師を務める

一場 哲宏さん

伊勢原FCフォレスト代表 48歳

4月9日号

杉下 友美さん

チョークアート教室「momi-no-ki CHALKART」の代表を務める

杉下 友美さん

桜台在住 37歳

4月2日号

芦原 秀人さん

日向・洗水地区でコミュニティ紙「洗水新聞」を発行する

芦原 秀人さん

日向在住 69歳

3月26日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter