伊勢原版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

自修館 震災の経験に学ぶ 宮古市田老一中と交流会

社会

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
田老一中の発表に真剣に耳を傾けた
田老一中の発表に真剣に耳を傾けた

 市内見附島の自修館中等教育学校(安井正浩校長)に4月11日、岩手県の宮古市立田老第一中学校(中屋豊校長)の3年生26人が訪問し、東日本大震災の経験と教訓を伝える「田老を語る会」を実施。両校で震災について考える交流会を行った。

 自修館は東日本大震災が発生した2011年から毎年、生徒有志が復興ボランティアとして岩手県宮古市を訪問。その活動を通じて、現地の田老一中と交流を持った。昨年7月にも同所を訪れており、両校で避難道整備なども行っている。

 今回の交流会は田老一中の修学旅行を利用して行われたもの。自修館3年生120人の待つ同校ホールを訪れた田老一中の生徒は、「田老を語る会」と題して、宮古市や同校の震災被害などを手作りのスライドを交えて発表。まだ半ばとなる復興への道のりとその思いを力強く語った。また語り部後にはグループディスカッションも行われ、両校生徒が震災について話し合い交流を深めた。

 交流会最後には両校での合唱も実施。「人はひとりでは生きていけない。協力し合っていきたい」と自修館の小椋省英さん、田老一中の山本柊斗さんは「自分たちの経験を伝えることができて良かった」と感想を話した。

昨年宮古市で行われた合同の避難道整備
昨年宮古市で行われた合同の避難道整備

伊勢原版のトップニュース最新6

「落語でまちおこしを」

「落語でまちおこしを」 文化

11月に素人大会開催へ

9月24日号

「地域で話題の高齢者」に

岡崎在住打田すみさん

「地域で話題の高齢者」に 社会

厚労省のHPで紹介

9月24日号

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook