伊勢原版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

6月28日まで市立図書館ミニギャラリーで写真と詩のコラボ展を開催している 早川 綾香さん 上粕屋在住 70歳

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

好きなことを自分らしく

 ○…「いつもテーマは設けていない。自分の感じたままを、いいと感じた瞬間を撮り、その時感じた思いを詩に表現している。自己満足に共感してくれたらうれしい」。6月28日まで市立図書館で「第5回綾香の写真と詩のコラボ展」を開催。伊勢原をはじめ、独自の目線で切り取った日本各地の風景15点と自作の詩を合わせて展示している。

 〇…岡山県生まれ。「人の役に立つ仕事がしたい」と看護師を目指し大阪の看護学校へ。卒業後看護職に就き、今も現役だ。「看護師はやりがいがある仕事。人と関わるのが好きだったから」と微笑む。仕事以外にも障害者施設や、いせはら芸術花火大会などボランティアにも精力的に参加する。「相手が喜んでくれると、自分が生きていて良かったと感じる」と話す。

 〇…写真を本格的に撮り出したのは伊勢原に移り住んだ20年前から。「近所を散歩していたらどうしても景色を撮りたくなった。伊勢原は自然豊かでいい場所」。幼少期に父親のライカで遊び、友人からもニコンのカメラをプレゼントされるなどカメラとは縁を感じるという。作品は風景がほとんど。その理由を「自然はその瞬間しかないところが魅力。だからいつも出掛ける時はカメラを持って行く」。高校時代から書いている詩も何気なく始めたもの。コラボ展にしたのは、写真と一緒の方がより撮影時の思いが表現できると思ったから。写真を見返すとその時の感情が詩になって頭に浮かんでくるという。

 〇…友人の勧めで4年前に初めて個展を開いた。「やりたいことを好きなようにやっているだけ。誰でも一歩踏み出せば大きなこと(個展)ができると分かった」と微笑む。夢は作品を本にすること。今後も感じたものを大事に、自分らしさを追求していく。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

大山で登山初心者への声掛けや清掃活動をする

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

沼目在住 39歳

10月15日号

原 靖夫さん

ウォークイベント「大山の門前町」を企画し、実施責任者を務める

原 靖夫さん

沼目在住 76歳

10月8日号

萩原 敬三さん

伊勢原市保育協議会の会長を務める

萩原 敬三さん

下糟屋在住 61歳

10月1日号

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook