伊勢原版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

西日本豪雨 総社市へ支援物資 市職員を先遣隊へ すでに2陣も

社会

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena
現地で物資を運ぶ市職員
現地で物資を運ぶ市職員

 伊勢原市は7月7日、西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県総社市に向けて先遣隊を派遣。毛布などの緊急支援物資を送った。総社市とは昨年6月大規模災害に備えた相互応援協定を締結している。

 今回の西日本豪雨で総社市ではアルミニウム工場で爆発があったほか、市内各所で土砂崩れ、浸水・道路冠水が発生。避難者数も3000人以上に上った。

 伊勢原市は7日朝、相互応援協定の要請を前に総社市に打診。総社市から必要物資を確認し、緊急支援の準備を進めた。市の防災備蓄品から毛布500枚・レスキューシート150枚・非常食600食・感染防止着100セット・軍手370組を消防用トラックに積み込み、市職員8人が午後5時前に伊勢原市役所を出発した。

 先遣隊は17時間かけ現地へ到着。災害対策本部や避難所などで実際に不足している物資などを確認し、現地ボランティアと一緒に民家のガレキ撤去などを行った。現地から戻った市介護高齢課の志村政昭さんは「天井近くまで水の跡がありました。作業を行う人が不足している状況」と話す。

 市では第2陣として10日に市職員5人を派遣。16日まで現地で要請の多い罹災証明事務を行うという。また避難所で使用する緊急畳100本(幅90cm×長さ10m)を現地に向けて送った。

 市では現地での要望を聞きつつ、引き続き第3陣を派遣する予定。

 7月11日起稿
 

伊勢原での第1陣出発前
伊勢原での第1陣出発前

伊勢原版のトップニュース最新6

救急出動が過去最多

伊勢原市消防本部

救急出動が過去最多 社会

11年連続で増加

1月17日号

「千載一遇の機会に」

新春市民の集い

「千載一遇の機会に」 政治

高山市長が所信表明

1月17日号

「つつがなく一年進む」

大山

「つつがなく一年進む」 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月10日号

1085人が門出

伊勢原市成人式

1085人が門出 社会

13日に令和初の式典

1月10日号

堺選手が東京五輪内定

トランポリン

堺選手が東京五輪内定 スポーツ

メダル獲得を目指す

1月1日号

産業・観光施策を充実

産業・観光施策を充実 政治

新春インタビュー 高山市長に聞く

1月1日号

青少年にボラ精神育成

県表彰

青少年にボラ精神育成 社会

実行委が「草の根賞」

12月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク