伊勢原版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

親睦団体・楽天会の6代目会長に就任した 小平 文征(ふみゆき)さん 高森在住 74歳

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

生涯現役 100まで元気に

 ○…「親睦の絆を大切に心豊かな会にしていきたい」。市内最大級の親睦団体にして、親睦のみならず市内でボランティア活動なども行う楽天会。今年で40周年を迎える会の舵取りとして6代目会長に就任した。会員は現在106人、「自分だけではできないこと。諸先輩方をはじめ、皆さんの力を借りてやっていきます」と微笑んだ。

 ○…長野県生まれ。家業を手伝いながら勉強を続け、日本大学法学部へ。卒業後は警視庁に進み、1964年の東京オリンピックではマラソンなどの警備、成田闘争や浅間山荘事件など、激動の時代を経験。35歳で縁あってJA神奈川県厚生連で働くことになり、伊勢原にやってきた。「温暖で果物も美味しく良い所。気持ちの良い方ばかり」と話す。定年まで厚生連で務めあげ、現在はコンサルタントとして、医療を中心に伊勢原に人を繋げている。

 ○…新会長として掲げた3本の柱は『健康』『福祉』『防災』。伊勢原協同病院の健康管理課にいた頃、会のメンバーが会員の健康管理に人間ドックの受診を提案したことが入会のきっかけ。定年した現在でも多くのメンバーと一緒に受診は欠かさない。これまでも親睦委員長や副会長を務めながら会を支えてきたメンバーのひとり。会が長く続くにつれて、会員も年を重ねてきた。「100歳までみんなで元気にいたい」と笑顔で話す。

 ○…『生涯現役』を目標に掲げ、『人にやさしく』をモットーに行動する。「どんなことでも楽しむことが大事」という。趣味は幼い頃好きだった川遊びを思い出しながらの渓流釣り。故郷・長野や山梨へ出かけることも。40周年式典もすぐそこ。次の10年を見据えて「若い人に入ってもらえるように魅力ある爺さんになっていきたい」と話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

鳥海 増雄さん

いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会の会長に就任した

鳥海 増雄さん

沼目在住 76歳

5月20日号

金澤 雅義さん

伊勢原市吟剣詩舞会の会長を務める

金澤 雅義さん

高森在住 77歳

5月13日号

小嶋 鉄平さん

伊勢原駅前のゴミ拾い活動を行う「+プラス活動」のリーダーを務める

小嶋 鉄平さん

桜台在勤 37歳

5月6日号

亀井 貞之さん

れんげ祭りを主催する「ふるさと大田を守り楽しむ会」の会長を務める

亀井 貞之さん

下谷在住 85歳

4月22日号

成瀬 善之さん

高部屋神社の石積み改修を行った成瀬石材店の代表を務める

成瀬 善之さん

岡崎在住 43歳

4月15日号

雫石 啓祐さん

運用を再開した大田駐在所に勤務する

雫石 啓祐さん

下谷在住 37歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook