伊勢原版 掲載号:2018年8月24日号
  • LINE
  • hatena

親睦団体・楽天会の6代目会長に就任した 小平 文征(ふみゆき)さん 高森在住 74歳

生涯現役 100まで元気に

 ○…「親睦の絆を大切に心豊かな会にしていきたい」。市内最大級の親睦団体にして、親睦のみならず市内でボランティア活動なども行う楽天会。今年で40周年を迎える会の舵取りとして6代目会長に就任した。会員は現在106人、「自分だけではできないこと。諸先輩方をはじめ、皆さんの力を借りてやっていきます」と微笑んだ。

 ○…長野県生まれ。家業を手伝いながら勉強を続け、日本大学法学部へ。卒業後は警視庁に進み、1964年の東京オリンピックではマラソンなどの警備、成田闘争や浅間山荘事件など、激動の時代を経験。35歳で縁あってJA神奈川県厚生連で働くことになり、伊勢原にやってきた。「温暖で果物も美味しく良い所。気持ちの良い方ばかり」と話す。定年まで厚生連で務めあげ、現在はコンサルタントとして、医療を中心に伊勢原に人を繋げている。

 ○…新会長として掲げた3本の柱は『健康』『福祉』『防災』。伊勢原協同病院の健康管理課にいた頃、会のメンバーが会員の健康管理に人間ドックの受診を提案したことが入会のきっかけ。定年した現在でも多くのメンバーと一緒に受診は欠かさない。これまでも親睦委員長や副会長を務めながら会を支えてきたメンバーのひとり。会が長く続くにつれて、会員も年を重ねてきた。「100歳までみんなで元気にいたい」と笑顔で話す。

 ○…『生涯現役』を目標に掲げ、『人にやさしく』をモットーに行動する。「どんなことでも楽しむことが大事」という。趣味は幼い頃好きだった川遊びを思い出しながらの渓流釣り。故郷・長野や山梨へ出かけることも。40周年式典もすぐそこ。次の10年を見据えて「若い人に入ってもらえるように魅力ある爺さんになっていきたい」と話した。

伊勢原版の人物風土記最新6件

中村 俊治さん

4月1日付けで笠窪商工振興会の会長に就任した

中村 俊治さん

4月12日号

高山(こうやま) 直哉さん

3月10日に開催された鳥取マラソンに出場し、大会新記録で優勝した

高山(こうやま) 直哉さん

4月5日号

小林 千秋さん

3月13日付けで伊勢原警察署の第90代署長に就任した

小林 千秋さん

3月29日号

加藤 利子さん

市立図書館でDVD上映会を開催した悠遊会の代表を務める

加藤 利子さん

3月22日号

米山 啓子さん

いせはらフレンドコンサートの実行委員長を務める

米山 啓子さん

3月15日号

熊沢 正敏さん

第39回伊勢原ホルスタインショーでグランドチャンピオンに輝いた乳牛を飼育する

熊沢 正敏さん

3月8日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク