伊勢原版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

産能大サッカー部 4選手が同時にプロ入り 入団発表で意気込み語る

スポーツ

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
左から植田選手、渡邉選手、佐藤選手、河西選手
左から植田選手、渡邉選手、佐藤選手、河西選手

 産業能率大学サッカー部の4選手がJリーグと関東社会人リーグのクラブに加入することが決定。2月12日に同大湘南キャンパスで入団発表が行われ、それぞれプロ選手としての意気込みを発表した。

 産業能率大学サッカー部は2018年シーズン神奈川県リーグで優勝、関東リーグへの参入決定戦でも勝利し関東大学リーグ(2部)へ昇格を決めた。

 河西真選手(DF)はJ3福島ユナイテッドFCに入団。1年生から活躍し4年生になりキャプテンとしてチームを引っ張り、目標だった関東リーグ昇格に導いた。「プロの厳しさは痛感している。少しでも早く試合に出てチームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。

 佐藤尚輝選手(MF)はJ3アスルクラロ沼津に入団。佐藤選手はチームのために泥臭くハードワークするのが特徴。入れ替え戦ではダメ押し点を上げるなど2部昇格の立役者となった。「チームに貢献し、優勝したい。産能大出身であることを知ってもらい、伊勢原市民のためにも頑張りたい」と力強く語った。

 渡邉りょう選手(FW)も佐藤選手と同じくアスルクラロ沼津に入団。産能大の10番を背負うエースストライカーで、県リーグでは毎試合得点を挙げるなどの活躍を見せた得点感覚に優れた選手。「たくさんの人に支えられて今がある。そのためにも結果を残したい。裏への抜け出しが持ち味。2ケタ得点が目標」と自信を覗かせた。

 植田涼吾選手(MF)は関東社会人リーグのブリオベッカ浦安に入団。チームの中では盛り上げ役のムードメーカー。「Jリーグには届かなかったが自分の力を表現できる場を与えてもらえた。豊富な運動量と迫力のある攻撃をアピールしたい」と闘志を燃やした。

 入団発表後、選手と監督、大学関係者らが伊勢原市役所を訪れ高山市長を表敬訪問。高山市長は「伊勢原で過ごした4年間を忘れず、いずれ湘南ベルマーレで活躍する選手になって帰ってきて欲しい」とエールを送った。

 河西、植田両選手は先輩と3人で一昨年、チームの必勝祈願のため大山登山へ。下山途中、父親と登山中に意識を失った少女を救出し、伊勢原警察署から感謝状が贈られている。

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook