伊勢原版 掲載号:2019年3月15日号
  • LINE
  • hatena

伊勢原JCT 17日開通 東名と新東名 県内初接続

経済

新東名の伊勢原JCT付近から大山を望む(3月5日撮影)
新東名の伊勢原JCT付近から大山を望む(3月5日撮影)

 市内でも建設工事が進む、新東名高速道路。厚木南インターチェンジ(IC)から伊勢原ジャンクション(JCT)間が、3月17日(日)の午後3時に開通するのを控え、中日本高速道路(株)東京支社は5日、報道関係者向けに現場を公開した。

 今回、開通するのは厚木南IC(厚木市下津古久)から伊勢原JCT(伊勢原市東富岡)までの4・3Km。このうち3・6Kmが伊勢原市内を通り、小田原厚木道路や小田急線、国道246号などの主要交差カ所を含むすべてを橋梁でつなぐ。

 車線数は上下線とも2車線ずつの計4車線。市堺には通過市を示す標識が設置され、伊勢原市は大山とケーブルカーがシンボルマークとしてデザインされている。

 伊勢原JCTの供用開始で、東名と新東名が県内で初めて接続することになり、圏央道へアクセスするルートの選択肢が増える。

 同社の厚木工事事務所工務課長の高橋秀武さんは「東名の上り線で厚木ICや圏央道へ向かう車が、新東名ルートを選べるようになり、交通が分散するため、東名の大和トンネルを先頭にした渋滞の緩和が期待できる」と話す。

 新東名は、海老名南JCT〜豊田東JCT間の約253Kmを結ぶ。これまでに海老名南JCT〜厚木南IC間(約2Km)と、御殿場JCT〜豊田東JCT間(約200Km)が開通。伊勢原JCTから西側の伊勢原大山IC間(約2Km)は、2019年度中に開通する予定。

大山とケーブルカーがシンボルマークとしてデザインされた伊勢原市の標識
大山とケーブルカーがシンボルマークとしてデザインされた伊勢原市の標識

伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク