伊勢原版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

市民後見人の活動知って 新たな担い手養成へ

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
弁護士の内嶋順一さん(左)と、市民後見人として活動する早川惠子さん
弁護士の内嶋順一さん(左)と、市民後見人として活動する早川惠子さん

 認知症や知的障がいなどで、判断能力が十分でない人に代わり、財産管理などを行いながら本人を支援する成年後見制度。超高齢社会などを背景に、需要がますます高まっている。一般市民による後見人、「市民後見人」を養成しようと、講演会が6月25日、伊勢原シティプラザで行われた。

 成年後見制度の利用者は、全国で22万人程度いるとされる。後見人の担い手確保が大きな課題で、市は第5次総合計画の中で、制度の利用促進とともに市民後見人の育成を位置づけている。

 市では2015年度から16年度にかけて、第1期養成講座を実施し、現在は2人の市民後見人が活躍。今年度、第2期の講座を開講するため、今回の講演会と事前説明会を企画した。

 この日は、公募で集まった一般市民約40人が参加。伊勢原市社会福祉協議会の宮川進会長が「活動に興味を持ち、ぜひ地域福祉の担い手になって頂ければ」と、主催者を代表してあいさつした。

 その後、制度に精通する弁護士、内嶋順一さん(市成年後見・権利擁護推進センター長)と、市民後見人の一人、早川惠子さんが登壇。内嶋さんは制度の説明と、市民後見人への期待について講演。早川さんは「自分の得意分野を生かして、小さな素敵を見つけられると嬉しくなります。社協のサポートも受けながら活動ができるので安心」と自身の体験を語った。

 第2期の養成講座は8月29日(木)からスタート。事前説明会は明日29日(土)午前10時30分から社協会議室でも開催される。問合せは市社協【電話】0463・94・9600へ。

伊勢原版のトップニュース最新6

湘南オリーブ振興へ協定

産業能率大学

湘南オリーブ振興へ協定 社会

二宮町と農場など産官学連携

5月13日号

天空の宮『阿夫利』奉納

下糟屋在住鈴木教之さん

天空の宮『阿夫利』奉納 文化

いせはら市展市長賞作品

5月13日号

下山までをトータルに

大山登山

下山までをトータルに 社会

モンベル主催で遭難対策研修

5月6日号

母の日前に出荷ピーク

ふじだな園

母の日前に出荷ピーク 社会

16種のカーネーション

5月6日号

休耕田が菜の花畑に

伊勢原市西富岡

休耕田が菜の花畑に 教育

地元児童がSDGs学ぶ

4月29日号

限定の絵馬を配布

厚木十二支寺社巡り

限定の絵馬を配布 社会

御朱印集めに特典

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook