伊勢原版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

「大山を好きになって」 神社の神職が動画制作

文化

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena
『霊峰の四季』の1シーン(YouTube大山阿夫利神社チャンネルから)
『霊峰の四季』の1シーン(YouTube大山阿夫利神社チャンネルから)

 大山阿夫利神社の神職、目黒久仁彦さん(33)が撮影・編集した動画が、注目を集めている。大山の四季折々の風景を集めたもので、動画共有サイト「ユーチューブ」内の同神社チャンネルで公開されている。

 目黒さんが制作した動画のタイトルは『霊峰の四季』。同神社下社から望む日の出や、冠雪、大山桜、夏山、紅葉の様子など、「悠久四千年、心のふるさと 霊峰大山」の四季をまとめたもの。

 撮影はデジタル一眼レフカメラやドローンを駆使して、およそ3年がかりで撮りためたもので、スマートフォンの編集アプリを使って5分15秒の動画に編集した。

 動画は現在、ユーチューブで見ることができる。今後は大山ケーブルカー駅の待合で放映する計画や、市の紹介用動画としての活用なども予定されている。目黒さんは「ドローンの撮影は規制があり、国土交通省などに許可を取るのが大変でした。天候にも左右され、時間がかかりましたが、故郷の大山で、生活者の目線を大切に撮影・編集しました」と語る。

 お気に入りのシーンは、動画の後半に流れる、雲海から見える大山の景色で、雲の切れ間から空が見えた瞬間に、直感でドローンを上空に飛ばして撮影に成功したという。

公認サポーターとしても活動

 目黒さんは同神社の権禰宜で、現在は総務課で広報を担当している。「大山を知って、好きになってもらいたい」と、独学でカメラやドローンの操縦方法を学んだ。

 また、伊勢原市のシティプロモーション公認サポーターの1人として、イベントのポスター用写真の撮影や、企業やテレビ局などに映像を提供するなどの活動もしている。

 「今後は大山詣りや先導師の日常、大山こまや豆腐作りなどの伝統に焦点をあてた動画を制作していきたい」と話した。

ドローンを操縦する目黒さん=大山阿夫利神社下社
ドローンを操縦する目黒さん=大山阿夫利神社下社

伊勢原版のトップニュース最新6

大山ケーブル 夜間運行

大山ケーブル 夜間運行 社会

16日までライトアップも

8月14日号

ドローン活用の5者協定

県内初

ドローン活用の5者協定 社会

災害支援対策を強化

8月14日号

文化財保存活用で協議会

市教委

文化財保存活用で協議会 文化

地域計画作成のため設置

8月7日号

「あふりしゃも」誕生

(株)ヒンジス坂本養鶏

「あふりしゃも」誕生 社会

「地鶏でまちおこしを」

8月7日号

市初の指導救命士に

小林和弘さん

市初の指導救命士に 社会

豊富な知識と技術が評価

7月31日号

9月に夜空の映画館

9月に夜空の映画館 経済

市民有志らが企画

7月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク