伊勢原版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

防災音頭を披露 10月6日 大原児童公園で

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手に来場を呼びかける岩井寛絵さん
チラシを手に来場を呼びかける岩井寛絵さん

 明日10月5日(土)と6日(日)に開催される、第52回伊勢原観光道灌まつり・第45回商工まつり。伊勢原駅南口の大原町商和会が主催する、大原町ウエルカム広場(県道桜台交差点南側・大原児童公園内)で6日、防災音頭が初めて披露される。

 防災音頭は、日本舞踊協会神奈川県支部の有志でつくる「安心・安全を考える会」が、2018年に制作したもの。「火事は怖いよ119」「家族で防災 地域ぐるみで取り組もう」など、防災にまつわる歌詞が、1番から4番まで盛り込まれている。唄や振り付けは同会のメンバーが担当して作られた。

 伊勢原市内でも、この防災音頭を広めようと、日本舞踊正派岩井流の岩井寛絵さん(市内桜台在住)がパイプ役となり、大原町ウエルカム広場での発表が実現。6日の午後1時45分から2時30分まで、「踊ろう!知ろう!『Let‘s防災119』」という名称で、同会のメンバーが音頭や防災に関する寸劇を披露する。催しは参加型で、メンバーの指導のもと、一緒に音頭を踊ることもできる。参加無料。

 同会の中心メンバー橘幸慧さん、西川扇千代さん、坂東智和さんは「災害に備えて近所の人たちと助け合えるように、音頭を通して防災意識を高められたら」、「子どもたちに日本舞踊の楽しさを知ってもらいたい」と話す。大原町商和会では同日の午後1時から3時まで、カメラのキタムラ駐車場で「わんぱく消防体験」の催しも行う。

安心・安全を考える会のメンバーら
安心・安全を考える会のメンバーら

伊勢原版のトップニュース最新6

樂市樂座が再始動

樂市樂座が再始動 経済

24日に商業イベント

10月22日号

ナラ枯れ被害拡大

伊勢原市

ナラ枯れ被害拡大 社会

倒木の危険性呼び掛け

10月22日号

電子図書館を開設

伊勢原市

電子図書館を開設 社会

24時間貸出・返却可能に

10月15日号

2年ぶりに幽玄な舞

大山

2年ぶりに幽玄な舞 文化

能楽殿で火祭薪能

10月15日号

eスポーツの拠点 開設

竹内型材研究所

eスポーツの拠点 開設 経済

加工見学や試遊体験も

10月8日号

初の秋季関東大会へ

向上高校硬式野球部

初の秋季関東大会へ スポーツ

目標は春のセンバツ出場

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook