伊勢原版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

防災音頭を披露 10月6日 大原児童公園で

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手に来場を呼びかける岩井寛絵さん
チラシを手に来場を呼びかける岩井寛絵さん

 明日10月5日(土)と6日(日)に開催される、第52回伊勢原観光道灌まつり・第45回商工まつり。伊勢原駅南口の大原町商和会が主催する、大原町ウエルカム広場(県道桜台交差点南側・大原児童公園内)で6日、防災音頭が初めて披露される。

 防災音頭は、日本舞踊協会神奈川県支部の有志でつくる「安心・安全を考える会」が、2018年に制作したもの。「火事は怖いよ119」「家族で防災 地域ぐるみで取り組もう」など、防災にまつわる歌詞が、1番から4番まで盛り込まれている。唄や振り付けは同会のメンバーが担当して作られた。

 伊勢原市内でも、この防災音頭を広めようと、日本舞踊正派岩井流の岩井寛絵さん(市内桜台在住)がパイプ役となり、大原町ウエルカム広場での発表が実現。6日の午後1時45分から2時30分まで、「踊ろう!知ろう!『Let‘s防災119』」という名称で、同会のメンバーが音頭や防災に関する寸劇を披露する。催しは参加型で、メンバーの指導のもと、一緒に音頭を踊ることもできる。参加無料。

 同会の中心メンバー橘幸慧さん、西川扇千代さん、坂東智和さんは「災害に備えて近所の人たちと助け合えるように、音頭を通して防災意識を高められたら」、「子どもたちに日本舞踊の楽しさを知ってもらいたい」と話す。大原町商和会では同日の午後1時から3時まで、カメラのキタムラ駐車場で「わんぱく消防体験」の催しも行う。

安心・安全を考える会のメンバーら
安心・安全を考える会のメンバーら

有限会社パル音楽産業

レコーディング、イベントの音響・照明・ステージ・音響機材レンタルのことなら

http://www.pare.co.jp

千代田工業株式会社

あらゆる産業にあらゆる技術で貢献する

http://www.chiyoda-id.c0.jp/

山王総合(株)

総合建設から建物管理まであらゆるニーズにお応えします

http://www.sanno-sogo.co.jp/

比々多神社

2600年の歴史と格式を宿す古社は太古から現代へ今も人々を優しく見守ります

http://www.hibita.jp/

医療事務急募!

東海大学医学部付属病院、海老名総合病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

理想のまち みんなで作る

緑化で関東経産局長賞

“若手の力”が集結

商工会青年部

“若手の力”が集結 経済

10日に初のPRイベント

11月1日号

日韓の中学生が交流

伊勢原平成RC

日韓の中学生が交流 社会

豆腐作りなど体験

11月1日号

開業50周年の節目

伊勢原ゴルフセンター

開業50周年の節目 スポーツ

「トラさん」がプロ育成

10月25日号

商店会でハロウィーン

商店会でハロウィーン 経済

あす26日 74店舗が参加

10月25日号

毘沙門天立像が御開帳

毘沙門天立像が御開帳 社会

神仏習合残る八雲神社

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク