伊勢原版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

53年前の住宅地図 発見 成田賢徳さん宅で

経済

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
家屋名入地図を手にする成田さん
家屋名入地図を手にする成田さん

 市内田中の成田賢徳(よしのり)さん(81)宅でこのほど、53年前に調査された伊勢原町(当時)の住宅地図が見つかった。成田さんはこの地図について「当時の産業や経済の実態をとらえた、ダイジェスト版のように思う」と、昔の伊勢原の様子を回想しながらページをめくる。

 住宅地図は、表紙に「伊勢原町家屋名入地図」(初版)と書かれていて、茅ケ崎の人物と伝記研究所が、1966(昭和41)年6月に調査し発行したもの。明細地図社(藤沢市)が編集発行する「明細地図」の伊勢原町第1号は、67(昭和42)年11月15日に発行されていることから、家屋名入地図はこれよりも前に作られたものとみられる。

 87ページにわたる地図はすべて手書きで、地区別に詳細な住宅地図が記されているほか、付録として伊勢原町の沿革や、地区ごとの区長名、ゆかりの人々や受賞者など功績があった町民のエピソードなども集録されている。そのほか表紙には、「自動式電話開局記念」「付録 買物・取引のしるべ 伊勢原町商工名鑑」などの記載とともに、当時の企業や商店などの広告が記載されている。

 成田さんは元市議会議長。現在は、農家で母家の隣の隠居家を片付けていた際に、偶然発見した。町議や区長会代表などを務めた成田さんの父親が、所有していたものではないかという。「掲載されている商店の広告を見ると、当時のまちのにぎわいが感じられる。とても懐かしいです」と話す。

 66年の「広報いせはら」(縮刷版)を見ると、人口は3万3429人(昭和41年6月1日時点)で、現在の3分の1程度だったことが分かる。郷土史などを扱う、伊勢原市教育委員会教育総務課の歴史文化財担当、立花実課長は、「昭和30年代から40年代は、高度経済成長期のはしりで、時代が大きく変わっていく時期。一般家庭には住宅地図の必要性がない時代だったことを考えると、功績のあった人たちを顕彰する意味あいが強かったのではないか」と分析。「地図は手作り感があって面白く、その当時のまちのあり方が見える、珍しくて貴重な資料」と話した。

地図の表紙
地図の表紙

伊勢原版のトップニュース最新6

理想のまち みんなで作る

緑化で関東経産局長賞

“若手の力”が集結

商工会青年部

“若手の力”が集結 経済

10日に初のPRイベント

11月1日号

日韓の中学生が交流

伊勢原平成RC

日韓の中学生が交流 社会

豆腐作りなど体験

11月1日号

開業50周年の節目

伊勢原ゴルフセンター

開業50周年の節目 スポーツ

「トラさん」がプロ育成

10月25日号

商店会でハロウィーン

商店会でハロウィーン 経済

あす26日 74店舗が参加

10月25日号

毘沙門天立像が御開帳

毘沙門天立像が御開帳 社会

神仏習合残る八雲神社

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク