伊勢原版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

新東名 3千人が歩く 来年3月までにIC開設

経済

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
新東名の本線上を歩く参加者=12月7日
新東名の本線上を歩く参加者=12月7日

 中日本高速道路(株)が建設を進めている、新東名高速道路の伊勢原大山インターチェンジ(IC)から伊勢原ジャンクション(JCT)間で12月7日、開通前の道路を歩く「新東名いせはらウォーク」が行われ、約3000人が参加した。

 いせはらウォークは、伊勢原市が主催。新たな玄関口の開設を祝おうと、定員を大きく超える5000人近くの市民から応募があった。

 ICの料金所近くで行われた開会式には、舘大樹議長や衆議院議員の義家弘介氏と後藤祐一氏、渡辺紀之県議らの来賓が出席。あいさつに立った、高山松太郎市長は参加者を前に「伊勢原が歴史的な1ページを飾る日。大いに思い出を作って頂いて、楽しんでもらえれば」などと話した。

 集まった市民らは午前9時30分ごろ、高山市長の号砲を合図にウォーキングを開始。ICからJCT間の往復約4・6Kmのコースを写真を撮影したりしながら、思い思いに歩いて楽しんだ。

 また、この日は創作和太鼓グループ楽鼓のウエルカム演奏や、地元の「阿夫利睦」による安全を祈願した御輿渡御なども行われ、イベントに花を添えた。

 伊勢原市観光協会会長で、大山観光振興会会長の目黒仁さん(大山阿夫利神社宮司)は「改めて大山の景色の良さを再認識した。新しい人にも大山に来て頂いて、良さを知ってほしい。開通が待ち遠しい」と話した。

 新東名は海老名南JCTから豊田東JCT間、約253Kmを結ぶ。伊勢原大山ICから伊勢原JCT間は、年内に開通する予定だったが、台風19号による建設資材の調達遅れが原因で、来年3月までに延期された。中日本高速道路(株)によると、2023年度までに全線開通する予定。

阿夫利睦による御輿渡御
阿夫利睦による御輿渡御

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook